半分、青い。110話の感想「和子の病気」

原田知世

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の110話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第110話のタイトルは「和子の病気」です。

半分、青い。109話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は律(佐藤健)と再会し、梟会でお互いの近況を報告しあいます。

その続きとなる半分、青い。第110話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、110話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。







半分、青い。110話のあらすじ

鈴愛が寝ていると、知らない人が部屋にいました。健人は、つくし食堂でカツ丼の修業に来ているという。健人は、鈴愛の部屋で暮らしているという。

律(佐藤健)は、和子(原田知世)と弥一(谷原章介)に鈴愛が離婚して帰ってきたことを伝えます。そのタイミングで、鈴愛は和子にそら豆をもってきました。

律は、急いで仕事に行き鈴愛は和子と話します。和子は、病気で心臓が悪いことを晴(松雪泰子)とキミカ先生(余貴美子)から教えられます。

そのため、言葉には気を付けるように晴は鈴愛に念をおします。ともしびで、鈴愛がコーヒーを飲んでいるとブッチャー(矢本悠馬)が偶然やってきます。

鈴愛は、律はなにも言わないとこぼします。ブッチャーは、律が帰ってきていることからも和子の体が悪いことはわかる。そのことには、触れるな。そう鈴愛にアドバイスします。

鈴愛は自分だけなにも知らなかったと、自分だけ子供のままだと涙を流します。そこに律がやってきます。律は、和子が普通にしていてほしいと思っているという。

だから、鈴愛は普通に和子と接することを約束し、鈴愛は律を支えたいという。半分、青い。110話のあらすじはここまで。半分、青い。111話のあらすじにつづく。








半分、青い。110話の感想

半分、青い。110話のあらすじでは、和子の病状が重いことを鈴愛は知ります。そのことで泣いてしまいます。鈴愛は、律を支えたい打ち明けるストーリーでしたね。

なんだろ?鈴愛は、いったいどの立場で支えたいって思っているんかな?なんか、すごく親密な感じで・・・子供の時とかわらんように考えているんかな?

そこがどうしてもひっかかる回でした。どうしても、律は妻も子供もおる立場ですから支えたいって言われても・・・のところはありますよね。鈴愛に恋愛感情がなければいいのですが。

そこのあたりのあいまいさが余計に怖いなあって思ってしまいます。律の家族を鈴愛が壊してしまうのではないか?不倫に走ってしまうのではないか。

そんなことを考えてしまいました。ちなみに、支えるって具体的にはなにをする気なのかな?話を聞いて上げるとか相談にのってあげるとかそういったことなのかな?

周囲がどんどん大人になっていくけども、鈴愛は子供の要素を残したまま年齢を重ねていますよね。そこがちょっと心配かなって思います。あっあと、ブッチャーがいったのが正解。

晴は鈴愛と同じ。まっすぐっていうのが的をえているんだろうと思いました。今後の2人の関係が気になりますね。半分、青い。110話の感想はここまで。半分、青い。111話の感想につづく。







あなたにおススメのページ

半分、青い。111話の感想「仕事がない」

半分、青い。第19週のネタバレ,あらすじ「泣きたい!」

半分、青い。109話の感想「出戻り」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)