半分、青い。112話の感想「酒癖」

お酒

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の112話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第112話のタイトルは「酒癖」です。

半分、青い。111話のあらすじの最後に、鈴愛(永野芽郁)のもとに、ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)がやってきました。

その続きとなる半分、青い。第112話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、112話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。







半分、青い。112話のあらすじ

鈴愛は、ボクテとユーコが来ているので律(佐藤健)も呼ぶことになり電話をします。鈴愛は、律に電話をするのに携帯電話ではなく家に電話をします。

和子(原田知世)の病状のことを心配して気をつかっているのです。和子は、そのことをうれしく思います。弥一(谷原章介)もその心遣いに喜びます。

草太(上村海成)は、ボクテのマンガにサインをもらいます。そして、律がやってきたらボクテは夏虫の駅のときの話を酔っぱらってしはじめます。

ボクテは、2人がすれ違ったままが嫌なのだとからみます。鈴愛が律のプロポーズを無理といったのは・・・というタイミングで花野はおしっこと律がトイレに連れていきます。

花野が戻ってきても、ボクテは続けて話をします。鈴愛はちょうどデビューしたてで、秋風塾をやめるわけにはいかなかった。東京を離れるわけにはいかなかった。

本当は、鈴愛は律のことが好きなのだといってしまいます。鈴愛はどうせなら、自分で言いたかったと打ち明けます。律が何かをいいかけたところで、半分、青い。112話のあらすじはここまで。半分、青い。113話のあらすじにつづく。








半分、青い。112話の感想

半分、青い。112話のあらすじでは、ボクテが酔っぱらって予想してなかった展開になりましたね。鈴愛と律とユーコだけではなく、楡野家の全員が聞くってのはさすがに恥ずかしい。

私だったら家族きに聞かれるのだけは、勘弁してって思ってしまいます。ただ、楡野家の面々も実はそのことって聞きたいけど聞けない。そんな感じだったと思います。

そのため、だれも止めることもなくボクテがどんどんぶちまけていました。しかし、半分、青い。の中では酒癖がわるい人がかなりいますね。菜生(奈緒)もそうでしたし。

涼次(間宮祥太朗)もそうでした。なので、ボクテも?って思ってしまいました。あれだけ、酒癖がわるいとファンの草太はちょっとがっかりしてしまうかもしれませんね。

せっかくサインもらったのに(笑)ボクテは、ずっとずっと律に言いたかったのをため込んでいたんでしょうね。そうでないと、たとえ酔っていてもあんなに言わないですよね。

鈴愛が自分で言いたかったというのも面白かったですけど、この後に、律がなにをいうのかとっても気になりますね。半分、青い。112話の感想はここまで。半分、青い。113話の感想につづく。







あなたにおススメのページ

半分、青い。113話の感想「生きる力」

半分、青い。第19週のネタバレ,あらすじ「泣きたい!」

半分、青い。111話の感想「仕事がない」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)