半分、青い。113話の感想「生きる力」

命

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の113話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第113話のタイトルは「生きる力」です。

半分、青い。112話のあらすじの最後に、鈴愛(永野芽郁)が夏虫の駅で律(佐藤健)のプロポーズを断った理由をボクテ(志尊淳)が酔った勢いで公表します。

その続きとなる半分、青い。第113話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、113話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。







半分、青い。113話のあらすじ

律は鈴愛の気持ちに応えることができない。既婚者だからだという。しかも、夏虫の駅のことについては律は知っていたという。律は、菜生(奈緒)に聞いたという。

夏虫の駅の話を聞いたのは、律が結婚した後だという。律は、この前「律を支えたい」といわれたけど結婚しているというと・・・鈴愛は、幼馴染として親友として力になりたいのだと弁解します。

律が帰り、ボクテ(志尊淳)が寝たあとにユーコ(清野菜名)と鈴愛は話をします。鈴愛は、家族の前で振られたことにショックを受けますがユーコはふられたのではなく、律の気持ちを確認しただけだという。

ユーコは、看護学校に行っていて実習とかしはじめて自信がなくなったのだと鈴愛に悩みを打ち明けます。秋風(豊川悦司)のところでは、守られていたことを実感しているという。

心無い患者さんに怒られてへこたれた。だから、へこたれない鈴愛に会いにきたのだという。鈴愛は今は何もしていないというが・・・ユーコは、鈴愛の生きる力はすごいので必ずなんかやる。

そういって、鈴愛を元気づけます。2人は、一緒にネームをした時のことを思い出し何回だって生まれかわることができる。そういうユーコに、鈴愛は看護師になったら仙台に会いに行くと約束します。

翌日、鈴愛は仙吉(中村雅俊)が五平餅を作っていないことで何か感じるところがありました。つくし食堂にブッチャー(矢本悠馬)がやってきて、ブッチャーの会社の不動産屋で働かないかと誘います。

晴(松雪泰子)がいい話やないかといいます。しかし、鈴愛はそれを断ります。そして、鈴愛は社長になると宣言します。半分、青い。113話のあらすじはここまで。半分、青い。114話のあらすじにつづく。








半分、青い。113話の感想

半分、青い。113話のあらすじで鈴愛はユーコと友情の誓いをしたストーリーでした。なんか、いいですよね。青春って感じ。なかなか社会に出ると友達ってできない。

職場ってそういうところです。でも、鈴愛はユーコやボクテと仲良くなってその付き合いがずっと続いているってすごいですよね。特に、ボクテは売れっ子の漫画家です。

そう考えると、忙しいのでずっと友達として遊ぶっていうのはとても不思議な感じです。それだけ、秋風塾が風通しのよいものだったんでしょうね。そして、鈴愛の生きる力。

ユーコも言っていたけど、確かに鈴愛は生きる力がすごいですよね。雑草のようで、踏まれても踏まれてもまた伸びるみたいなところがあります。それだけ、力強い。だから何かする。

そのユーコの気持ちはなんとなくですがわかりますね。そして、五平餅のことで何か考えていたっぽいですね。ブッチャーに雇われるっていうのは、鈴愛がいうようにやっぱりいやですよね。

友達とは友達のままでおるのがいいと思います。仕事を一緒にして上下関係があるなかで一緒になると友情関係にひびが入ってしまう可能性があります。そう考えると一緒に働かないのがベスト。

菜生とも仲悪くなってもいけないですしね。ただ、社長ってどうなんかな。ちょっとまた思いつきって思ってしまうところはありますが大丈夫でしょうか。半分、青い。113話の感想はここまで。半分、青い。114話の感想はここまで。







あなたにおススメのページ

半分、青い。114話の感想「つくし食堂2号店」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。113話の感想「生きる力」

半分、青い。第19週のネタバレ,あらすじ「泣きたい!」







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)