半分、青い。115話の感想「和子の後押し」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の115話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第115話のタイトルは「和子の後押し」です。

半分、青い。114話のあらすじの最後に、晴(松雪泰子)は世界一周することを夢見て貯めていたお金を鈴愛(永野芽郁)が貸して欲しいといいます。それに宇太郎(滝藤賢一)が乗ったことで晴は怒ります。

その続きとなる半分、青い。第115話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、115話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。115話のあらすじ

晴は怒って、長い間お世話になりましたといい残し楡野家を出ていきました。とはいえ、晴は行くあてがなく律(佐藤健)の家に向かいます。

晴は、和子に気をつかいつつ相談をします。和子は、病気のことを忘れて普通にしててほしいという。そして、五平餅を継ぎたいと鈴愛の気持ちは悪くないと思う。

草太(上村海成)のカツ丼で宇太郎(滝藤賢一)が居場所がなく、2号店の話に乗り気なのもわかる。だけど・・・そう言って泣き出してしまいます。

和子は、晴に新しいのを始めるのはいいことやといい鈴愛たちの挑戦を応援してみてはどうかとアドバイスします。草太のカツ丼の調子がいい時で、今は攻める時だと助言したのです。

晴は、和子に元気をもらい「つくし食堂2号店」を認めることにしました。そこに、鈴愛がやってきて晴を探しにきました。そして、昔に鈴愛が家出してきたことの話になります。

鈴愛が晴を迎えに行き、晴は帰ってきます。そして、宇太郎は晴に謝罪します。晴は、そのタイミングで2号店悪くないと思い始めたと打ち明けます。ちゃんと考えるという。

それから、経営戦略を考えます。晴が数字を見せて、どうするべきか言い始めます。しかし、みんなが数字にあまり関心がないなか晴は数字やない。2号店をしようといいます。半分、青い。115話のあらすじはここまで。半分、青い。116話のあらすじにつづく。




半分、青い。115話の感想

半分、青い。115話のあらすじは、鈴愛の2号店を晴が認めるという内容でしたね。大反対で家出していたので、どうなることかと思っていましたがよかったですね。

ただ、ちょっと2号店を安易に考えすぎているような気がしますね。カツ丼店をもう一つ増やすのであれば、一定の客は見込めると思いますが五平餅だけではまったく別ものだと思います。

もちろん、秋風(豊川悦司)みたいに五平餅のことをこよなく愛し気に入る人もいるとは思いますが梟町でやるのであれば、ちょっと厳しいかなって思います。

個人的には、インターネット販売なんかで売れば五平餅も爆発的に売れる可能性はあると思います。そういったところに目をつけた方がいいと思うんですけどね。

仙吉(中村雅俊)の五平餅を引き継ぐって考えはすごくいいですけどね・・・ちょっともったいないかななんて思いました。しかし、和子が賛成するのはちょっと驚きました。

どちらかというと、保守的なタイプのイメージが和子にありました。なので、鈴愛の挑戦を応援するようにアドバイスしたのはびっくりです。和子の言葉がなければ晴はおそらく2号店に反対のまま。

そう考えると、鈴愛たちにとってもよい結果になりました。家出すると、萩尾家に行くっていうのが親子で同じ行動ってのが面白くて笑ってしまいました。半分、青い。115話感想はここまで。半分、青い。116話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。116話の感想「ママが漫画家?」

半分、青い。114話の感想「つくし食堂2号店」

半分、青い。第20週のネタバレ,あらすじ「始めたい!」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)