半分、青い。117話の感想「鈴愛の怒り」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の117話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第117話のタイトルは「鈴愛の怒り」です。

半分、青い。116話のあらすじで、律(佐藤健)は鈴愛(永野芽郁)が漫画家であったことを花野に口を滑らせてしまいます。

その続きとなる半分、青い。第117話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、117話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。117話のあらすじ

鈴愛が作った五平餅を食べて仙吉(中村雅俊)は合格を出します。そこに花野が家に帰ってきて、鈴愛のマンガ「一瞬にさけ」を見ています。

鈴愛は、花野が持っている漫画が気になり花野からとろうとします。そして、鈴愛は律に電話をします。鈴愛は怒って花野になぜ話したのかを問います。

鈴愛は最終的に挫折したから、絶対にしられたくないという。そこには、ふれられたくないと鈴愛は、律にいいます。そして、鈴愛は久しぶりに絵をかきます。

それを仙吉に見られます。一方、ともしびで草太(上村海成)はブッチャー(矢本悠馬)と律と話しをします。嫁さんの話を3人でしています。

仙吉は、花野に絵をかいてあげるべきだという。結果はどうであれ、頑張ったことが大事なのだという。かっこ悪いこと見せたくない気持ちはわかるが仙吉もカツ丼に嫉妬しとるという。

だから、すねて五平餅をやめた。しかし、五平餅を継いでくれることがうれしかったと仙吉は鈴愛に打ち明けます。それから、鈴愛は絵を花野に描いてあげようと思い始めます。

そして、宇太郎(滝藤賢一)が「一瞬にさけ」を花野に読んであげていると、鈴愛がやってきます。花野は鈴愛に感動したと打ち明けます。半分、青い。117話のあらすじはここまで。半分、青い。118話のあらすじにつづく。




半分、青い。117話の感想

半分、青い。117話のあらすじでは、鈴愛が律に怒るという回でした。しかし、仙吉が絵をかいてあげるようにいうと鈴愛はなんとなく書いてあげようかなと思ったストーリーでしたね。

しかし、鈴愛って自己中心的な人物ですよね。自分は、どんどん土足で人の話に入りこんで口は羽より軽いのに、律が花野に漫画をかいていたことをいうと怒る。それだけはtって。

確かに、ふれられたくないことって誰でもあるけど・・・自分は相手の嫌なことをどんどん切り込んでいくのに、自分が言われるとダメなんですね。ただ、鈴愛みたいなタイプは守りは弱いのかもって思いました。

自分のことは言われるとちょっと弱い。けど、人のことだとすごい生命力を発揮する。そんなタイプの人物ですよね。やっぱり仙吉は年の功です。上手に話をもっていきます。

最後のシーンで花野は、感動していましたがこのことが鈴愛のきっかけになるかもしれませんね。これまで、子供に絵の一つも書いてあげなかったというのはさすがにやりすぎ。

なので、ちょっとずつでも一緒にお絵描きをしていければ花野はうれしいと思いますね。となれば、結果的に律のおかげのような気がしますね。半分、青い。117話の感想はここまで。半分、青い。118話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。118話の感想「仙吉の死」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分、青い。116話の感想「ママが漫画家?」

半分、青い。第20週のネタバレ,あらすじ「始めたい!」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)