半分、青い。122話の感想「岐阜犬」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の122話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第122話のタイトルは「岐阜犬」です。

半分、青い。121話のあらすじの最後で、鈴愛(永野芽郁)が律(佐藤健)に和子(原田知世)に仕事をお願いしたいと伝えます。

その続きとなる半分、青い。第122話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、122話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。122話のあらすじ

鈴愛は、センキチカフェの一角に岐阜犬を置くという。犬のデザインを考えて、この犬をしゃべるという。律は、電話回線ではなくインターネット回線を使うようにアドバイスします。

和子に、しゃべる岐阜犬をやってもらおうと鈴愛は考えたのです。一方、弥一(谷原章介)は和子にどこか行きたいところはないかと聞きます。

しかし、和子はここがいいと出かけたいと思っていません。弥一は外に出られないストレスを抱えて、カメラのピントが合わないとレンズを投げ捨てます。そこに律が帰ってきました。

律は、弥一に外にでるようにアドバイスします。鈴愛は、さっそく岐阜犬のぬいぐるみを縫います。その様子を見にきた晴(松雪泰子)に鈴愛は、律を助けたいと打ち明けます。

鈴愛は、律の家庭もうまくいけばいいと思っている。といいます。晴は、いい親友を持ったと鈴愛にいうと・・・鈴愛は律はもっと特別だという。

そして、律から弥一を連れ出してほしいと鈴愛が頼まれていたことを晴に伝えます。そのタイミングで岐阜サンバランドの時の瞳(佐藤江梨子)がやってきます。

瞳は五平餅を食べにやってきたのです。みんなでともしびに集まるように弥一を宇太郎(滝藤賢一)が誘い、みんなで踊ります。半分、青い。122話のあらすじはここまで。半分、青い。123話のあらすじにつづく。




半分、青い。122話の感想

半分、青い。122話のあらすじは、鈴愛の岐阜犬をつくるのと疲れている弥一をなんとか外に出そうと律が鈴愛に頼みそれが実現したストーリーでしたね。

岐阜県はやるんだろか?なんか、今いちぱっとしない可能性が高いような気がするんですけど大丈夫ですかね。鈴愛ははりきって作っていましたけど、和子のためなんでしょうね。

和子のためだったり、律のためなんでしょう。鈴愛が晴に、律のことをあんなふうに言うのは初めてでしたね。鈴愛は晴にはなんでもいうけど、律のことだけはなんにも言わなかった。

でも、恋愛感情ではなく親友より上ってなんでしょうか?友達以上恋人未満ってやつなんかな。なんか、複雑な気持ちになりますね。今後、この2人の展開が気になりますね。

あと、律はやっぱり目配りができますね。ちゃんと、弥一がつかれきっているということを理解していました。和子がどこにも行きたくないっていうから、余計に弥一のもやもやがたまっていく。

だからこそ、鈴愛にお願いしたりして。律も内心は、心が穏やかでないんだろうけど・・・そういうところを見せないですよね。それが強さでもあり、律の弱さでもあるんですよね、きっと。

しかし、サンバランドの瞳がやってきたのは、ちょっと驚きましたね。半分、青い。122話の感想はここまで。半分、青い。123話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。123話の感想「和子の笑い声」

半分、青い。121話の感想「センキチカフェ」

半分、青い。第21週のネタバレ・あらすじ「生きたい!」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)