半分、青い。124話の感想「育児日記」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の124話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第124話のタイトルは「育児日記」です。

半分、青い。123話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)が作っていた岐阜犬が完成してみんなに見せました。そして、その声を和子(原田知世)にお願いしようとします。

その続きとなる半分、青い。第124話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、124話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。124話のあらすじ

岐阜犬がうまくセッティングできて、楡野家と鈴愛たちが話をします。そして、和子(原田知世)に岐阜犬の声をお願いします。金八先生みたいにたくさんの悩みを解決してほしい。

鈴愛は、そうお願いします。花野が岐阜犬に話をすると、和子がそれにこたえてくれます。高校生が悩みを打ち明けると、友達作らなくてもいいから僕に会いに来てと励まします。

律(佐藤健)がキミカ先生(余貴美子)の病院に行くと、和子の数値がよくなります。仕事や役割があると、強く生きれるといいます。キミカ先生は律にコーヒータイムを付き合うようにいいます。

キミカ先生は、和子は生きていくのが上手だという。しかし、律は自分が生きるのが下手だという。一方、センキチカフェではブッチャーの母が岐阜県に悩みを打ち明けます。

娘の恋について相談していたのです。和子は、それに対し娘を信じるしかないとアドバイスします。鈴愛は、食事が終わり和子のところに根菜を届けます。

すると、和子はクッキーを作ってくれていて・・・鈴愛は小さいころとなんも変わらないという。和子は、鈴愛に律の小さいころからの育児日記を見せてくれて鈴愛に預かっていてほしい。

自分が死んだら律に渡してほしいとお願いされます。律や弥一(谷原章介)にお願いしてもいいけど、2人は泣いてしまうといい鈴愛にお願いします。半分、青い。124話のあらすじはここまで。半分、青い。125話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。125話の感想

半分、青い。125話のあらすじは、岐阜犬を和子が担当して人気になるというかいでした。また、和子が律の小さいころからのものを鈴愛に渡すようにお願いしましたね。

しかし、和子の岐阜犬はよかったですね。的確にアドバイスしてくれていました。あの女子高生の女の子なんかは、また会いに来てということで確実に喜びましたよね。

友達がいないってけっこう大きな悩みだったりしますからね。それを作らなくて大丈夫っていうのは、先生でもなかなか言えないかなって思います。さすが和子さんですね。

あと、どうしても気になったのが律に渡すもの一式を鈴愛にお願いしたってことですね。和子は、律には本当は鈴愛と結婚してほしかったのかなって思いました。

そしたら、気兼ねすることなくいろんなことがお願いできたりするんでしょうから。ただ、律の嫁さんの方はこのことを知ってしまうといい気はしないですよね。わからなかったらいいけど。

なんで自分ではなく、鈴愛なの?って絶対に思いますもん。まあ、でもほったらかしで大阪に残っているって状態ですからね。和子としては、あんまりいい気はしないですよね。

これが理由で、律は離婚したりしないかなって少しだけ心配になりました。半分、青い。124話の感想はここまで。半分、青い。125話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。125話の感想「律の言葉に涙」

半分、青い。123話の感想「和子の笑い声」

半分、青い。第22週のネタバレ・あらすじ「何とかしたい!」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)