半分、青い。125話の感想「律の言葉に涙」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の125話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第125話のタイトルは「律の言葉に涙」です。

半分、青い。124話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)が和子(原田知世)から律(佐藤健)の育児日記などを自分が亡くなったら渡してほしいとお願いされ了承します。

その続きとなる半分、青い。第125話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、125話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。125話のあらすじ

つくし食堂に胡散臭い男がやってきます。ヒットエンドランという会社の社長・津曲(有田哲平)です。草太(上村海成)は、テレビの関係の人かと思い挨拶をし名刺を渡されます。

津曲は、センキチカフェにもやってきて女子高生が話す岐阜犬に興味を持ちます。そして、津曲も岐阜犬と話をします。仕事と別れた妻の話を相談します。

仕事と別れた妻は、別に考えるようにアドバイスします。その途中で、和子の様子がおかしくなり鈴愛があわてて律の家に向かいます。キミカ先生(余貴美子)もやってきて、いつもの発作が起こっただけだという。

しかし、鈴愛が帰ったあとに今回は大丈夫だったけどもういつ亡くなってもおかしくない。そう律と弥一(谷原章介)にキミカ先生は告げました。和子は、律にいちごを朝ごはんにたべたいといいます。

律は、2パック購入してセンキチカフェに寄ります。そると、もう鈴愛たちはいなかったので本日はサンキューとおきがみをします。そして、いちごを食べながら岐阜犬に話しかけます。

すると、岐阜犬も返事をしてきたので律は「僕は和子の息子で幸せだった。本当に本当に良かった。大好きだと打ち明けます。」面と向かっていえなかったありがとうを律は岐阜犬に言います。

律は、母親に何をしてあげればいいかわからないと正直に打ち明けます。和子は、律が花野とうたってくれた子守唄がすごくうれしかったという。そして、お互い泣きます。

その8日後に和子は、亡くなりました。半分、青い。125話のあらすじはここまで。半分、青い。126話のあらすじにつづく。




半分、青い。125話の感想

半分、青い。125話のあらすじは、和子が亡くなってしまうという回でしたね。私も最近、自分の父が治らないかもしれない病気にかかっていることが判明したので思わず泣いてしまいました。

子供は、亡くなる前の親になにかしてあげたいと思っていても結局なにもできないんですよね。そんなことを見ていて思い胸が痛くなりました。

でも、律が和子に正直な気持ちを打ち明けることができただけでもこの岐阜犬をつくった意味があったのかなって思いました。なんか、面と向かって言えない。

そんな律の気持ちもすごくわかって、思わず感情移入してしまいました。だから、岐阜犬に向かってしっかりと気持ちを伝えた律は弱くない。そう本気で思いました。

人はいつか亡くなります。親も自分もそして、子供もみんなそうです。だからこそ、その時々を一生懸命に生きていく必要があるのかな。そんな気持ちになりましたね。

どうしても、生活があるのでなかなか親に会えなくても何をしてあげればいいのかわからなくても・・・きっと自分の気持ちをつたえることが大事なんだなって思いました。

私は、今回の半分、青い。の律の言葉に勇気をもらいました。ただ、今後岐阜犬はどうするんだろ?半分、青い。125話の感想はここまで。半分、青い。126話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。126話の感想「律の異動」

半分、青い。第22週のネタバレ・あらすじ「何とかしたい!」

半分、青い。124話の感想「育児日記」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)