半分、青い。129話の感想「鈴愛に消去法はない」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の129話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第129話のタイトルは「鈴愛に消去法はない」です。

半分、青い。128話のあらすじで、律(佐藤健)が海外赴任の話を会社にされます。また、鈴愛(永野芽郁)は花野がフィギュアスケートをやりたいという希望をなんとかかなえようとします。

その続きとなる半分、青い。第129話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、129話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。129話のあらすじ

花野が律をマグマ大使の笛で起こします。花野は律に用事があるといってやってきたのです。花野は、律に笛をプレゼントします。律の困ったとき用にといいます。

花野は、律が笛吹けば暇だったら行くという。鈴愛は、名古屋の就職先を探しています。晴(松雪泰子)はそれを見てなにをしとると軽くいいます。

鈴愛は、晴に怒られると思っていたのでつまらんといいます。そこに、津曲(有田哲平)から電話がかかってきて、岐阜犬の企画が通ったと連絡がありました。

津曲は、岐阜犬のバリエーションを増やして企画を提案したという。名前を「おしゃべりワンワン」として、300万円でその権利を買わせてほしいといいます。

鈴愛は、津曲が席をたつ間に名刺の住所を見てスケートリンクが近いことを知ります。すると、鈴愛は津曲のところで突然働きたいという。鈴愛は、自分を雇ってくれないと岐阜犬を渡すことができないという。

鈴愛は、晴に本気かと聞かれ花野にスケートをやらせたいのだという。そして、律に話しがあるからそっちに行くと妻の頼子から電話がありました。半分、青い。129話のあらすじはここまで。半分、青い。130話のあらすじにつづく。




半分、青い。129話の感想

半分、青い。129話のあらすじでは、鈴愛が津曲のところで働かせてもらおうと考えました。ちょうど、事務が一人やめていたところなので探しているといい・・・岐阜犬の権利の代わりに自分を雇ってほしいというかいでした。

しかし、本当に鈴愛はあちこちと動き回りますよね。つい最近、岐阜に帰ってきたと思えば今度は東京に再び行こうとするなんて・・・考えられないですよね。

いくら子供のためとはいえ、それを交換条件にもってくるあたりがすごいなって思いました。表計算もワードもできない事務っていったい何をする気なんやろ?

そうなってくると、鈴愛はパソコンの勉強をしなければいけなくなりますよね。この年齢からだと、ちょっときついですよね。まあ、仕事の内容でどのレベルまでするかにもよりますが。

それにしても、ブッチャーの言葉は的確でしたね。鈴愛に消去法はないってあの言葉。鈴愛は、ただひたすら花野のことを思って考えたことだから、センキチカフェの人員が足りてなくても行きたい。

そう思う性格ですよね。鈴愛って年齢がどんどん上がっていっても、バイタリティーは衰えないっていうか力強いですよね。そこだけは、見習いたいなって思います。

晴とか周囲は心配するので、大変だとは思いますけど・・・自分の人生ですからね。花野のためにってのは今までで一番いい動機かも。半分、青い。129話の感想はここまで。半分、青い。130話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。130話の感想「お一人さまメーカー」

半分、青い。128話の感想「父親の必要性」

半分、青い。第22週のネタバレ・あらすじ「何とかしたい!」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)