半分、青い。131話の感想「話合い」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の131話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第131話のタイトルは「話合い」です。

半分、青い。130話のあらすじで、律(佐藤健)は頼子に出世のために海外赴任するべきだと言われます。また、鈴愛(永野芽郁)は津曲(有田哲平)の会社を見学してお一人様メーカーにあこがれます。

その続きとなる半分、青い。第131話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、131話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。131話のあらすじ

翼は花野が一緒に歩いていると、花野はフィギュアスケートでオリンピックでメダルをとると話していると翼は、その写真をカメラマンとしてとって上げると約束します。

一方、鈴愛は東京に行きお一人様メーカーになることを律に宣言します。漫画家になると思ったときほどのパワーがないが、花野にスケートをやらせたい一心だという。

律は、大阪に帰ってくるなということには驚いたという。そこにともしびの店長も話に入ってきて、頼子だけが悪いわけではないのではないかという。律は、もともと言葉にするのが苦手だし相手に言われると黙ってしまう。

律はそんな性格だからというのです。鈴愛は、それに対しもう一度しっかりと話をしてみてはとアドバイスします。自分は、うまくいかなかったけど律は大丈夫かもしれない。だからもう一度話し合うように言ったのです。

その鈴愛の目には、涙がたまっていまいた。楡野家では、宇太郎(滝藤賢一)が花野ためにスケートのシューズをプレゼントします。それを花野が喜びます。

そして、鈴愛は和子(原田知世)に頼まれていた育児記録を律のところにもって行きます。律は、それを弥一(谷原章介)と一緒に食い入るように見ます。

そこには、和子が律に宛てた手紙が入っていました。亡くなる1週間前に書いたものです。半分、青い。131話のあらすじはここまで。半分、青い。132話のあらすじにつづく。




半分、青い。131話の感想

半分、青い。131話のあらすじでは、鈴愛が東京行きに動き出し・・・律は、もう一度、頼子と話をするようにアドバイスした回でしたね。しかし、鈴愛は和子からの預かりものをまだもっていたんですね。

2ヶ月もたっているので、もっと早く渡してないとあかんやろ?そんなことを思いました。でも、なかなか私にくいって気持ちはわかりますけどね。何度も、律に会う機会があったのでその時に渡せばよかったんに。

でも、偶然にも律が悩んでいたのでタイミング的にはよかったのかもしれませんね。それにしても、部長以上の奥さんにならないとっていう頼子の気持ちはどこからくるのかなって思います。

周囲の目を気にしているんかな?子供の受験、受験ってなっているみたいだし・・・。律との会話ってなんかイメージつきづらいぐらいないんかなって思います。これをやり直すのって至難の業の気がします。

もちろん、話し合うことは大事です。子供もいるので、しっかりと話合うことは大切なのですがその話合いができないような気がするんですよね。律が和子の手紙を読んでどんな気持ちになるのか。

また、和子からの手紙にどんなことが書かれているのかというのが重要になってきますよね。明日のお楽しみにしたいと思います。半分、青い。131話の感想はここまで。半分、青い。132話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。132話の感想「頑張れよ」

半分、青い。第23週のネタバレ・あらすじ「信じたい!」

半分、青い。130話の感想「お一人さまメーカー」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)