MENU

半分、青い。136話の感想「鈴愛の叫び」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の136話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第136話のタイトルは「鈴愛の叫び」です。

半分、青い。135話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は草太(上村海成)から電話を受けて、晴(松雪泰子)がガンであることの連絡を受けます。

その続きとなる半分、青い。第136話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、136話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。136話のあらすじ

草太が電話したことを晴(松雪泰子)は連絡することなかったのにといいます。晴は、草太や宇太郎(滝藤賢一)に手術はちょっと怖いと正直に打ち明けます。

鈴愛は、電話をかけて草太に晴にかわってという。晴は代わりたくないけど、仕方なく電話をとります。鈴愛は、電話で晴の病気ではなく律(佐藤健)や正人(中村倫也)の話をします。

晴は夜に宇太郎と話をします。晴は、手術は怖い。でも、子供たちはなんかあると帰ってくることがいいと晴はいいます。一方の鈴愛は、花野が寝たあとに晴のことが心配で叫んでいました。

そのタイミングで、律から晴のことを心配したメールがやってきていました。なんでもやることがあったら言えよと鈴愛の力になることをメールしたのでした。

鈴愛は、お一人様メーカーでフリマがあるので花野と一緒に行く予定だったのですが、鈴愛が岐阜に帰らなければならなくなった日と重なったのでした。フリマに行った律は、そこで思わぬ再会をします。

律の大学時代の同じ研究室だった人がお一人様メーカーで独立して仕事をしていたのです。半分、青い。136話のあらすじはここまで。半分、青い。137話のあらすじにつづく。



半分、青い。136話の感想

半分、青い。136話のあらすじは鈴愛が晴のことを心配して電話をするという回でした。また、律がお一人様メーカーで大学時代の同じ研究室の人に再会するという内容でした。

しかし、晴は鈴愛のことをよくわかっていますよね。なんで、連絡せんかったって・・・そりゃあ心配するからやろって。自分は、漫画家やめたときのこととか今のこととかも正直に話してないのに・・・。

鈴愛の気持ちもわかるけどね。それにしても、電話で病気のことを話すよりも、律や正人の話をする方がよかったかもしれませんね。なんか、そんな気がしました。どうしても、病気の話は暗くなります。

それに、心配かけたくないって気持ちからどんなもんかはっきりとしたことは言わないですからね。特にガンとか死ぬかもしれないよな状況の時は、余計に晴は心配かけたくないと思う性格ですね。

なので、病気の話ではなくたわいもない話の方がよかったでしょうね。そして、律はなにか新しい方向に動き出しそうな予感がしますね。自分もお一人様メーカーで仕事できるかも。

そんなことを思う可能性が高いと思います。同じ研究室の人ですから余計にそう思いますよね。あと、律と鈴愛のメール見ていると鈴愛と律はついにくっつくのかな?と感じました。半分、青い。136話の感想はここまで。半分、青い。137話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。137話の感想「息のつまらない会社」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分、青い。第23週のネタバレ・あらすじ「信じたい!」

半分、青い。135話の感想「晴の病気」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)