半分、青い。137話の感想「息のつまらない会社」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の137話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第137話のタイトルは「息のつまらない会社」です。

半分、青い。136話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は、晴(松雪泰子)を心配して電話をかけます。そして、律(佐藤健)は大学時代に同じ研究室だった人に偶然再会しました。

その続きとなる半分、青い。第137話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、137話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。137話のあらすじ

律は大学時代の研究室の先輩に何をしているのかラーメンを食べながら聞きます。律は、そこで心地よい風を感じます。恵子(小西真奈美)は、それを聞いて律も起業すればいいという。

鈴愛は岐阜に帰りますが、晴は花野はこないのかと寂しがります。鈴愛がかえってくると知って、いろんな人が楡野家にやってきて鈴愛と挨拶をします。律は、お一人様メーカーで起業するための説明を恵子から受けます。

花野は、正人(中村倫也)と一緒にフリマでカニ釣りを出していました。晴は、鈴愛がどんなものを作っているのかを聞きますが・・・鈴愛は言えず企業秘密とごまかします。鈴愛は、晴が横になっているところまた来ると告げて梟町を後にします。

一方、律は事業計画書を正人と一緒に見ていました。正人は、実は律にあそこを見せたかったのだという。だから、わざとあそこに連れていったのだという。律は、今の会社は窓がないから息がつまるのだという。

その点、お一人様メーカーは学校の跡地なので窓が多くて気持ちがいいのだという。律が前向きな話をしていると、正人はやりたいようにやればいいし・・・律ならできると背中を押します。

律はここでなんか作れたら最高だと本音を話します。鈴愛は、律の家に帰ってきて・・・鈴愛が作った五平餅をみんなで一緒に食べます。鈴愛は、そこで律がもってかえった事業計画書をみつけます。半分、青い。137話のあらすじはここまで。半分、青い。138話のあらすじにつづく。




半分、青い。137話の感想

半分、青い。137話のあらすじは、律がお一人様メーカーに興味を持つという回でしたね。律は、正人にはめられて興味を持つって展開が面白かったですね。なんちゅうか、律は安定型の人間というイメージがあります。

なので、その安定を捨てて起業するとなるとすごくハードルが高い。でも、ああやってお一人様メーカーで働く人を見るとそんなにハードルが高くないように見える。これって、起業するひとがよく踏むステップですよね。

サラリーマンにとって脱サラって憧れでもあるんですけど、なかなかそこに踏み切れないのは家族があったりなどいろんな理由があるとは思いますが、一番はイメージできないってところにあったりします。

正人は、律に起業のイメージをさせる役割を果たしたのかなって思いました。素敵な友達ですよね。今の仕事が息が詰まるっていうのを知っていて、お一人様メーカーに一緒に連れていくって。

律は、なんかお一人様メーカーでモノづくりをしそうな感じがしますね。何をつくるのかはまだわかりませんが、律ならできそう。ただ、心配なのが起業したらそこに安定はないということですよね。鈴愛を見てたらわかるように、大変です。

鈴愛は、周囲の協力もありなんとかなっていますが律には雑草根性のようなものがないです。そこは、鈴愛と大きな違いです。そこがどうしてもきになりますね。半分、青い。137話の感想はここまで。半分、青い。138話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。138話の感想「律の独立願望」

半分、青い。第24週のネタバレ・あらすじ「風を知りたい!」

半分、青い。136話の感想「鈴愛の叫び」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)