半分、青い。141話の感想「スパロウリズム」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の141話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第141話のタイトルは「スパロウリズム」です。

半分、青い。140話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は草太(上村海成)からの電話で晴(松雪泰子)の病気が急変したことを告げられます。

その続きとなる半分、青い。第141話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、141話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。141話のあらすじ

鈴愛が晴が倒れたと聞いて病院にかけつけます。花野は光江(キムラ緑子)のところに預けて、律(佐藤健)と一緒にきていました。到着すると、草太に説明を受ける鈴愛。

病室に律と鈴愛が入ると宇太郎(滝藤賢一)と草太は席をはずします。晴は、律に鈴愛と一緒におってくれる人がいないと心配だなあと何度も繰り返していいます。

すると、律は今一緒に新しい商品を研究開発しているという。会社を鈴愛と一緒に立ち上げたという。「スパロウリズム」の名前にしたという。鈴愛と律だという。

晴はそよ風扇風機を浴びるまでは、死ねないと喜ぶのでした。鈴愛は病室を出て、本当かと会社の話を聞きます。律は、勢いで言っていたのではなく思っていたという。

すると、鈴愛も嬉しそうに「スパロウリズム」というのでした。律は、そよかぜ扇風機の研究に打ち込む中で正人(中村倫也)は風ってどこからくるのと聞き、答えようとするや否や言葉を遮ります。

その後、晴は手術に向かいます。その間に、鈴愛は本を読みます。そして、晴のためにそよかぜ扇風機をつくると草太と宇太郎に言うのでした。鈴愛は気が気でない状況でしたが律に渡された本を読み続けます。

晴の手術は無事成功しました。晴の麻酔もとけみんなの笑顔になりました。半分、青い。141話のあらすじはここまで。半分、青い。142話のあらすじにつづく。




半分、青い。141話の感想

半分、青い。141話のあらすじでは、晴が無事手術を成功したという回でしたね。この141話はとてもよかったです。晴は、策士っていう宇太郎の言葉に納得しました。

晴は、演技をしていましたが本当に心配っていう想いはあったんでしょうね。だから、ちょっと子芝居して律とくっつけようとしたんでしょうね。律と鈴愛はくっつくって確信があったのかもしれません。

律と鈴愛は、いつくっつくのかってみんなが思ってるねんけどなかなかくっつかない。親が一緒にきたのをきっかけにぐいぐいいくってなかなか面白かったです。

それをきっかけに、一緒に会社するようになってなんかいい感じになりそうな予感がしますね。あと、やっぱり晴さん手術が無事うまくいってよかったですね。

やっぱり鈴愛としては、晴がまだなくなるには早いって思いますよね。どうしても、自分の親が癌で手術ってなると心配ですよね。私も気持ちはすごくよくわかります。

あと、会社名のスパロウリズムって名前は素敵ですね。株式会社ふぎょぎょって名前よりはるかにネーミングセンスありますね。半分、青い。141話の感想はここまで。半分、青い。142話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。142話の感想「懐かしのゾートロープ」

半分、青い。最新のネタバレはコチラ

半分、青い。第24週のネタバレ・あらすじ「風を知りたい!」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)