半分、青い。24話の感想「真実の食べ物」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の24話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第24話のタイトルは「真実の食べ物」です。

半分、青い。23話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は2作目の漫画を書きはじめ、また朝早くに律(佐藤健)の家に行きました。

その続きとなる半分、青い。第24話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、24話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。24話のあらすじ

晴(松雪泰子)は、農協の人に頭を下げます。仙吉(中村雅俊)が口利きをしてくれていたので、鈴愛(永野芽郁)が農協に合格したのです。

そして、そのお礼を宇太郎(滝藤賢一)と晴が仙吉にすると、合格祝いをするという。友達やいろんな人が就職祝いにはかけつけてくれます。

そして、仙吉がギターを弾いてみんなで歌を歌います。歌は、「あの素晴らしい愛をもう一度」です。その歌の中で、鈴愛は律(佐藤健)とアイコンタクトします。

その後、律は秋風羽織(豊川悦司)のトークショーのチケットを就職祝いとして鈴愛にプレゼントします。鈴愛は、律と一緒に秋風羽織のトークショーに出席します。

しかし、秋風羽織は非常に気難しく司会をしている加藤綾子アナウンサーの質問に食ってかかります。そして、秋風羽織は怒って席をたって帰ります。

トークショーが終わった後に、鈴愛は五平餅を差し入れします。控え室で、五平餅を食べた秋風羽織はその味に真実の食べ物を感じます。慌てて、秘書に鈴愛を探すように命じます。

鈴愛は控え室に呼ばれて、律と一緒に秋風羽織に挨拶をします。半分、青い。24話のあらすじはここまで。半分、青い。25話のあらすじにつづく。




半分、青い。24話の感想

半分、青い。24話のあらすじでは、鈴愛の就職祝いが開かれた回でしたね。また、そのプレゼントして律と一緒に秋風羽織のトークショーに行くというストーリーになっていました。

鈴愛の農協合格は、コネだったんですね。鈴愛があまりに不合格を連発の中で、農協だけが合格したから不思議ではあったんですけど・・・仙吉の力があったんですね。

農協とかだと、そういうのすごく多いイメージですよね。一般企業もけっして少なくないですが・・・農協は特にコネ入社って多い印象があります。鈴愛に伝わらなければ別になんも問題はないんですけどね。

その辺りはやや心配なところがります。そして、もう一つすごく気になったのがやっぱり秋風羽織のトークショーに参加した鈴愛です。五平餅を真実の食べ物と評した秋風。

お互いが挨拶をしたところで終わりましたが、とても気になりますね。なんか、もっと関係が濃くなるような予感がします。コネで入社した農協がなんか飛んでしまいそうな予感。

もしかしたら、秋風に鈴愛は気に入られてしまうのでしょうか?続きがとっても気になります。半分、青い。24話の感想はここまで。半分、青い。25話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。25話の感想「漫画家になる」

半分、青い。第5週ネタバレ・あらすじ「東京、行きたい!」

半分、青い。23話の感想「漫画処女作」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)