半分、青い。31話の感想「律の大学」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の31話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第31話のタイトルは「律の大学」です。

半分、青い。30話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)が律(佐藤健)の受験票を持っていってしまい、受験できなくなりました。

その続きとなる半分、青い。第31話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、31話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。31話のあらすじ

律は、京大はファイル事件によって受けられなくなり・・・東京の私立の大学に行くことになりました。その報告をともしびで菜生(奈緒)とブッチャー(矢本悠馬)に律はします。

しかし、京都の大学を受けて合格しているブッチャーが律と離れることを嘆きます。一方、鈴愛と家族は弥一(谷原章介)と和子(原田知世)に謝罪しに行きます。

仙吉(中村雅俊)が貧血で倒れたばっかりにと謝ります。そして、鈴愛は私が一番の原因と頭を下げます。弥一は、律は再発行という手法をわざと取らなかったのかもしれない。

そういって、鈴愛たちに律は心の中で逃げたいと思っていたのではないかという。律の成績は、京大を余裕で受かるって話ではなかったとも弥一はいうのです。

律は、こころの真ん中を言わないと和子がいうと・・・鈴愛は自分にすべて話てくれていないから悲しいと感じます。なので、それを律に鈴愛はつたえました。

律は、鈴愛に正直に打ち明けます。実は、そんなにできるわけではないのだという。ずっと一番だった自分は弱いんだという。そういうと、鈴愛はマグマ大使の笛を捨てようとします。

すると、律が笛を捨てようとするのを止めます。これは捨てないでといい、鈴愛は笛を捨てるのをやめました。半分、青い。31話のあらすじはここまで。半分、青い。32話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。31話の感想

半分、青い。31話のあらすじは、律が本音を話すかいでしたね。律のように期待されたことがないのですが、プレッシャーを感じていたんですね。律は。受験票の再発行も知っていたのかもしれません。

そんな気がしました。しかし、ブッチャーは一緒に京都の大学に行くと思っていたからショックですよね。誰も気にしていないようでしたが、ブッチャーだけは嘆いていました(笑)

高校入学で挫折して、大学入試も受験票をなくして受けることができなくなった。どうしても、東大に行ってその挫折を乗り越えなければならなかったという律の気持ちはすごいなあって思いました。

環境ってすごく大事で、やっぱり挫折するなら早い方がよかったのかなって思いました。もっと、早い段階で挫折している方が結局は強いのかもしれません。

そういった意味では、高校で自分よりもっとできる人間がたくさんいるってことを知った方がよかったのかもしれませんね。そうすれば、東大合格できたんじゃないかなって感じてしまいました。

楡野家全員で謝罪に行っていたときに、なんで仙吉がおるんやろって思っていましたが・・・貧血で仙吉が倒れなかったらそうならなかったからなんですよね。

和子は、そのことでちょっと取り乱すかなって思いましたが私立を受けて合格した後だったのでよかったのかもしれません。ちょっと、受け入れる時間がとれたのかなって。

そして一番思ったことは、弥一と和子はなんかすごくバランスがとれた夫婦だなって感じました。半分、青い。31話の感想はここまで。半分、青い。32話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。32話の感想「卒業」

半分、青い。第6週ネタバレ・あらすじ「叫びたい!」

半分、青い。30話の感想「受験票がない」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)