半分、青い。35話の感想「左耳の事実」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の35話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第35話のタイトルは「左耳の事実」です。

半分、青い。34話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は梟町を離れ、自分が一人で東京で生きていくことを実感しました。

その続きとなる半分、青い。第35話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、35話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。35話のあらすじ

翌朝、鈴愛が出社すると菱本(井川遥)が家のカサカサいう音はネズミだといいます。掃除をしている際に、鈴愛は菱本に左耳が聞こえないことを秋風(豊川悦司)に話してなかったので話したい。

そう打ち明けて、タイミングを見て秋風に伝えることを決めます。仕事を行う部屋に行くと、秋風をはじめみなが寝ています。原稿の締め切りに追われて寝てしまっていたのです。

みんなが家に帰って寝ている間に、鈴愛は各部屋の掃除をして何をするのか菱本から説明を受けます。その中には、買い物して料理や犬のお墓参りのようなものまであります。

秋風は、ボクテ(志尊淳)と小宮(清野菜名)がデッサンの指導を受けています。その休憩中に、鈴愛は秋風に左の耳が聞こえないことを打ち明けます。しかし、秋風はなんも気にしません。

むしろ、片耳が聞こえないというのはいいフックになると言われます。ボクテが寮を自分で焼こうとするために秋風は購入していて、実際に焼いたあとがあるという。

鈴愛は、晴(松雪泰子)にその晩に電話して片耳が聞こえなくても問題ないところだと打ち明けました。晴は、そのことを喜びます。一方、律(佐藤健)も上京してきました。

和子(原田知世)も来て引越しの手伝いをして、鈴愛と近い場所であることを打ち明けるのでした。半分、青い。35話のあらすじはここまで。半分、青い。36話のあらすじにつづく

 



半分、青い。35話の感想

半分、青い。35話のあらすじでは鈴愛が左耳のことを秋風に打ち明けるという回でした。また、律も東京に引越してきて・・・そこが鈴愛と近所になったことがわかりましたね。

しかし、鈴愛の仕事ってなんかお手伝いみたいな仕事ばっかりですね。まだ、最初だからアシスタントの仕事をできない感じなのかもしれませんね。どうしても、そのあたりは気になってしまいました。

料理や買い出しはなんとなくわからなくもないですが、犬の墓とかまったく関係ないよねって思いました。なので、しばらくはアシスタントの仕事をさせてもらえそうもない予感がしますね。

また、秋風は相変わらず変態だなって思いました。なぜかというと、鈴愛の左耳はいいフックになるという見解でした。むしろ、それがいいと。自分で家を買って火事にするなんてありえないですからね。

付き合う周囲は大変そうだなって感じました。今後、鈴愛は秋風事務所でうまくやっていけるのでしょうか。鈴愛自身は、左耳をハンデと捉えないところをすごく喜んでいましたね。

晴もいいところに入ったと同様の気持ちになっていました。しかし、電話代が7秒10円ってぼったくりもひどいですよね。私の知っているころには、公衆電話は3分10円だったように思います。

7秒なんて、要件すら伝えれないですよね。ちょっと時代を感じましたけど。さて、律も東京にやってきて・・・しかも近所ときている。今後なんかここの展開もありそうな予感がしますね。

以前のように、律を笛で呼ぶようなことがあるのでしょうか?楽しみですね。半分、青い。35話の感想はここまで。半分、青い。36話の感想につづく




あなたにおススメのページ

半分、青い。36話の感想「五平餅要員」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分、青い。第7週ネタバレ・あらすじ「謝りたい!」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)