半分、青い。36話の感想「五平餅要員」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の36話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第36話のタイトルは「五平餅要員」です。

半分、青い。35話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)から少し遅れて律(佐藤健)が東京の大学に通うためにやってきました。しかも、すごく住居も近くになります。

その続きとなる半分、青い。第36話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、36話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。36話のあらすじ

和子(原田知世)は律にしっかりするように言い聞かせます。そして、和子は泣きたくないから送らなくていいといい律の部屋を去って梟町に帰っていきます。

律は電話番号を鈴愛にできるだけ教えたくないと思っていました。隣の部屋では、女の人が訪ねてきていて、別れを告げます。そこの住人、マー君(中村倫也)は偶然にも律と同じ大学の1年生でした。

正人は、北海道出身でなまりをばれないようにするために1文節ごとにしか喋らないように注意していたという。そして、正人の部屋にはジュリアナとうきょうのお立ち台のためのセンスなどがありました。

律は、それを見て夢みていました。ちょうどそのころ、鈴愛は秋風事務所で働いていました。秋風羽織(豊川悦司)は、鈴愛に五平餅をつくるようにお願いします。

何度も断り続けていた鈴愛ですがさすがに無理だと思い作ることを約束します。鈴愛は、仙吉(中村雅俊)に電話して作り方を教えてもらいます。そして作りますが、秋風はマズイと偽物だという。

鈴愛は、仙吉しか五平餅をつくれないというと・・・秋風は五平餅要員であることを打ち明けられます。すると、鈴愛は騙されたと思って漫画の原作をばらまくと人質をとります。半分、青い。36話のあらすじはここまで。半分、青い。37話のあらすじにつづく。




半分、青い。36話の感想

半分、青い。36話のあらすじは律が東京にやってきて・・・隣人の正人に東京のあこがれを感じる回でした。また、鈴愛は秋風から五平餅要員であったことを打ち明けられます。

そのため、鈴愛は約束が違うと怒って紙を外に人質としてとるところで終了する回でしたね。律は、東京でいろんなことを経験してみたいって気持ちがあったんですね。なんか、研究に没頭するのかと思ってた。

東京は、地方から行った人にとってはとっても誘惑が多いんじゃないかななんて思っていましたが・・・ジュリアナってのが懐かしさを感じましたね。荒木師匠とかいましたよね(笑)

同じ大学の1年生にもかかわらず、すでに彼女がいてしかもジュリアナにも行ったことがあるっぽい正人はちょっとちゃらいキャラなのかな?今後の律に大きな影響を与えそうな予感がしますね。

律が変な道に進まなければいいんですけど・・・どうなるでしょうか。楽しみですね。また、鈴愛はやっぱり五平餅要員だったんですね。漫画を見せたときに酷評していました。

なのに、鈴愛を弟子にって話はちょっとおかしいのかなって思っていたのですが、差し入れだった五平餅を気に入っていたのですね。鈴愛がそれを作れると。

でも、実際には鈴愛は五平餅を作れないので今後どうなるんだろ?漫画の原稿を人質にしていましたけど・・・なんかいいように転ぶ気がしないんですよね。鈴愛の漫画に期待していないわけですよね。

そうなると、五平餅を作れない鈴愛に秋風はどう思うのでしょうか。あまりいい方向に進まないような気がどうしてもしてしまいます。半分、青い。36話の感想はここまで。半分、青い。37話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。37話の感想「カケアミ」

半分、青い。第7週ネタバレ・あらすじ「謝りたい!」

半分、青い。35話の感想「左耳の事実」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)