半分、青い。41話の感想「クビ」

クビ

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の41話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第41話のタイトルは「クビ」です。

半分、青い。40話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は、秋風羽織(豊川悦司)の作成したネームを掃除の際に捨ててしまいました。

その続きとなる半分、青い。第41話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、41話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。








半分、青い。41話のあらすじ

秋風は、鈴愛に切腹はまだかと注文をつけられ会社をクビになってしまいます。鈴愛は、寮もその日のうちに帰るように命じられていく先がなくなってしまいます。

菱本(井川遥)に頭を下げて寮でる鈴愛。鈴愛の目には涙がたまっていました。そして、行くところがなくなって律(佐藤健)のところに助けを求めていきます。

しかし、律はいなく隣の部屋の正人(中村倫也)が対応してくれました。そして、鈴愛の東京最後の思い出としてマハラジャロに3人で行きます。

律も初めてで格好悪い服装だったので着替えるように鈴愛は指示します。マハラジャロに到着すると、鈴愛は最初耳が痛くなるとその場を出ようとしますが・・・鈴愛は自分で踊るといいお立ち台に上がります。

鈴愛はセンスをもってボディコン姿で踊ります。最初は照れていましたが、徐々に慣れてきます。半分、青い。41話のあらすじはここまで。半分、青い。42話のあらすじにつづく。







半分、青い。41話の感想

半分、青い。41話は、鈴愛が秋風の書いたネームを捨ててしまったことが原因で解雇にされてしまいます。行先がなく困った鈴愛は、律を頼っていくという回でしたね。

しかし、時代を感じます。あのボディコン姿は、鈴愛にはちょっと似合わないかな。なんやろ?ワンレンの髪に、ふくよかな感じの人の方が似合うかなって。つーかやっぱりあの時代の人でないと無理ですよね。

鈴愛からしたら一生かかわりあいがないような世界だったかもしれませんが、秋風にクビを言い渡されたことから勢いで出来たんだと思います。最初は照れていましたが、最後はノリノリでしたね。

そこがなんかかわいいなって思いました。あと、律の服装。あれなにって思いました。鈴愛に初めていくってのがバレるぐらいひどい服装でしたね。ああいうのがかっこいいと思ったんかな?

ちょっとスマートな律のイメージにあわなかったです。律は、あれがかっこいいと思っていたんでしょうか?鈴愛が着替えるように言わないと、あのかっこうでクラブに行くのはなしかな(笑)

そういう意味では、鈴愛が来てくれてよかったんじゃないかなって思います。鈴愛にとっては辛い出来事があった後に少しでも発散できたのでよかったかな。半分、青い。41話の感想はここまで。半分、青い。42話の感想につづく。








あなたにおススメのページ

半分、青い。42話の感想「犬のパネル」

半分、青い。第8週ネタバレ・あらすじ「助けたい!」

半分、青い。40話の感想「切腹」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。公式ブックはコチラ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)