半分、青い。42話の感想「犬のパネル」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の42話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第42話のタイトルは「犬のパネル」です。

半分、青い。41話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は、秋風羽織(豊川悦司)ネームを捨ててしまったことを理由にクビになりました。

その続きとなる半分、青い。第42話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、42話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。42話のあらすじ

その日、鈴愛は律の部屋で寝て・・・律は正人(中村倫也)の部屋で寝ました。お互い子供でないからと、別々の部屋で寝ることになったのです。

翌日、鈴愛は秋風にお礼がしたいといい律と正人も手伝ってくれるという。一方、秋風はネームができないと悩んでいました。そのため、鈴愛のことが許せないと怒っていました。

そんな状況の中で、菱本(井川遥)に電話してお礼がしたいと鈴愛はいい、菱本が協力してくれて・・・おもかげまで犬のアルバムを持ってきてくれました。

そして、その写真を見て鈴愛たちは犬のパネルを創作します。それを秋風の家に運び置いて帰ります。それをかえってみた秋風は、本物の犬たちがかえってきたと勘違いします。

そこに、鈴愛は手紙も置いて帰りました。鈴愛は、岐阜で一ファンとして応援しています。犬がいなくなるのでもう飼えないからという理由でパネルを作ったことを打ち明けます。

さよなら。お元気でとの言葉を手紙に残し・・・鈴愛は岐阜に帰ります。そして、秋風は焼きおにぎりを電子レンジに入れようとしたところにネームがあったことを発見します。半分、青い。42話のあらすじはここまで。半分、青い。43話のあらすじにつづく。




半分、青い。42話の感想

半分、青い。42話のあらすじは、鈴愛がお世話になったお礼に秋風に犬のパネルを作るという回でした。なんかとっても不思議な感じがしました。

自分をクビにした相手に対して、お礼をするって気持ちがまったくわからないっていうか。すごい独特だなあって。よほど採用してくれたことがうれしかったのでしょうか。

なんで、お礼することになるの?って思いました。また、律や正人だけでなく・・・菱本まで協力してくれて、どんだけ周囲は優しいのって思いました。ユーコ(清野菜名)やボクテ(志尊淳)まで協力してくれて。

ボクテが律の顔を気に入っていたのは、かなりこわかったですけどね(笑)でも、そんなに周囲が協力してくれるならやめなくてもいいんじゃない?なんて思ってしまいました。

まあ、トップが言うことにはみんな逆らえないわけですし・・・実際に鈴愛はまだ戦力になっていないので仕方ないところはありますけどね。そして、最後に秋風はネームを発見したっぽいですね。

電子レンジの中に忘れていたんですね。なんだろ?鈴愛が捨てたことになっているのでどうなるのかなって思ってしまいました。今更クビを撤回できないような気がするんですけど。

どうするんだろ?鈴愛は岐阜に帰っているだろうし・・・この後が気になりますね。半分、青い。42話の感想はここまで。半分、青い。43話の感想につづく

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。43話の感想「秋風の謝罪」

半分、青い。第8週ネタバレ・あらすじ「助けたい!」

半分、青い。41話の感想「クビ」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)