半分、青い。43話の感想「秋風の謝罪」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の43話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第43話のタイトルは「秋風の謝罪」です。

半分、青い。42話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は、秋風羽織(豊川悦司)クビになりましたがお世話になったお礼に犬のパネルをプレゼントします。

その続きとなる半分、青い。第43話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、43話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。43話のあらすじ

ネームがあったことに気づく秋風。酔っていて間違えて電子レンジの中に入れたままだったのです。鈴愛は梟町に帰りました。驚く、晴(松雪泰子)に宇太郎(滝藤賢一)、仙吉(中村雅俊)。

簡単に鈴愛がミスをしてクビになったと家族にいい今は眠いのでとベットに寝ます。一方、秋風事務所では菱本(井川遥)が秋風羽織に鈴愛を迎えに行くべきだという。

岐阜に行くのは方向音痴なので無理と話す秋風ですが、律(佐藤健)を同行させ半ば強引に行かせます。鈴愛が寝ているところ、律が楡野家やってきて秋風を連れてきたと紹介します。

楡野家の面々は、鈴愛がなにをやったのかを知らないままとにかく秋風に頭を下げます。しかし、秋風はあまりに謝罪をされるので言い出しづらくなってしまいます。

そして、秋風は鈴愛を呼んでくるようにお願いをします。鈴愛が晴に、原稿を捨てたことを伝えると宇太郎や仙吉に耳で伝わります。そうして、再度家族で頭を下げて謝ります。

ようやく、秋風が事実を話します。ネームは自分で酔っぱらって電子レンジの中にあったと頭を下げるのでした。半分、青い。43話のあらすじはここまで。半分、青い。44話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。43話の感想

半分、青い。43話のあらすじでは、ネームが自分が電子レンジの中に入れていたのを忘れていた秋風が鈴愛に対して岐阜まで謝りに行くという回でした。なんか、ちょっとすっきりしましたね。

天才肌のタイプの人なので、謝りに行くってできなさそうだったのですが・・・しっかりと菱本が手綱を引いている感じがしました。上手にリードしているというか、独特の関係がありますよね。

意外と二人は付き合っているのかな?そんなことを今回の関係で思いました。秋風が唯一、頭が上がらないのが菱本で・・・その菱本が他の人がついてこなくなると言ってくれたおかげですね。

しかも、方向音痴ということを理解しているので律まで用意してくれて。秋風からすると、律が鈴愛の家に連れていってくれた後に実家に帰ったのは不安そうでしたね。自分一人では帰れないよって。

鈴愛をその場で連れて帰ればいいんでしょうが、それもおそらく難しいとなれば律しか連れて帰ってくれる人はいないと思うんですよね。なので、律がいなくなったら急に不安そうでした。

しかし、秋風からすると楡野家の面々にあれだけ謝られるとなかなか言い出しづらいですよね。自分が酔って電子レンジに入れていたって言えない雰囲気がありました。

でも、天才肌で漫画に夢中になっている秋風だからこそ、そういったところが抜けているのかなって思いました。今後、鈴愛はどうなるんでしょうか?もう一回東京でアシスタントするようになるのかな?

流れでいうとそうなんだろうけど、なんかもう一波乱がありそうな予感。あと、秋風は五平餅を食べてかえるのかな?それも気になりますね。半分、青い。43話の感想はここまで。半分、青い。44話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。44話の感想「空から幸運が降ってきた」

半分、青い。第8週ネタバレ・あらすじ「助けたい!」

半分、青い。42話の感想「犬のパネル」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)