半分、青い。44話の感想「空から幸運が降ってきた」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の44話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第44話のタイトルは「空から幸運が降ってきた」です。

半分、青い。43話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)のところに秋風羽織(豊川悦司)が謝罪にやってきました。

その続きとなる半分、青い。第44話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、44話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。44話のあらすじ

律(佐藤健)が実家に帰ってきたことで、和子(原田知世)は泣いて喜びます。鈴愛のところであった出来事を説明し、豪華な夜ご飯をすることを和子がきめました。

一方、鈴愛の家では秋風が謝っているところを写真に収めます。それでも、秋風はかえって来てほしいと思うと言います。すると、鈴愛は秋風にお願いがあると岐阜の猿と呼ぶのはやめてほしい。

そうお願いします。そして、メシアシですかとさらに追及します。草太(上村海成)は調子に乗りすぎと止めます。秋風は、鈴愛はクビにならないとグリーン車でかえってくるようにチケットをおいて帰ります。

鈴愛は、秋風に来てくれてありがとうと頭を下げます。その日、律と正人(中村倫也)は川で鈴愛と糸電話をした話をします。正人は、律に鈴愛と付き合わないかと聞きます。

しかし、律はそういうんじゃない。今が一番いいというのです。そして、律は好きな人がいるからと打ち明けるのでした。一方、鈴愛はすぐに東京に戻るというのでした。

そして、晴(松雪泰子)はお小遣いを渡します。鈴愛はクビになったと思った。もうアカンと思ったと不安だった気持ちを打ち明けます。帰る場所があってよかったと思ったと。

晴は、宝くじに当たったような気持ちになった。空から幸運がふってきたと正直な気持ちを話しました。その日から、鈴愛はアシスタント生活が始まるのでした。

そして、律が時給2000円で絵のモデルになるのでした。半分、青い。44話のあらすじはここまで。半分、青い。45話のあらすじにつづく。




半分、青い。44話の感想

半分、青い。44話のあらすじは、鈴愛のクビがなくなり再び東京に行くという回になりました。律もまた実家に戻り、和子に喜ばれていましたね。

高校卒業してから親元を離れる時の母親ってやっぱり寂しいんですね。和子は、相当喜んでいました。律の場合は、一人っ子なので余計にそうなのかな?なんて思いました。

鈴愛についてもそうでしたね。宝くじが当たったみたい。空から幸運がふってきた気持ちだったって話していました。どこの親もやっぱり、子供が側から離れるのは寂しいんですよね。

私も初めて親元から離れたときは、よく母親と電話していました。父親とはあっさりしていますが・・・母親はいつも心配してくれていましたね。なので、どこの家も一緒ですね。

そして、できれば自分の近くで生活をしてほしいって気持ちをもっているのだと思います。しかし、鈴愛の場合は漫画家になるという夢を持ったので・・・それを実現していく道を選びました。

だから、親としては応援しなければならないんでしょうね。寂しいけど、親離れ子離れですね。しかし、鈴愛はちょっと調子にのっていましたね。秋風が謝罪しているところを写真にとったり。

草太が止めていたとおり、ちょっと調子に乗りすぎかなと思いました。今後もそういうところがありそうですが、東京でどうなるのか楽しみですね。半分、青い。44話の感想はここまで。半分、青い。45話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。45話の感想「律の焦り」

半分、青い。43話の感想「秋風の謝罪」

半分、青い。第8週ネタバレ・あらすじ「助けたい!」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)