半分、青い。47話の感想「先生には生きてもらう」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の47話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第47話のタイトルは「先生には生きてもらう」です。

半分、青い。46話のあらすじで、秋風羽織(豊川悦司)の体調を心配して、菱本(井川遥)は律(佐藤健)に相談して涙を流します。

その続きとなる半分、青い。第47話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、47話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。47話のあらすじ

泣いていた菱本を見て、鈴愛は律になんかされたのかと突っ込みます。そして、鈴愛が菱本のところにやってきたのは秋風がつくし食堂にいることを伝えるためでした。

秋風は、鈴愛がどんな漫画を読んでいたのかをチェックします。王道の漫画を読んでいたことにいいことだと感心します。やがて、律と菱本が秋風の病気のことを話すと鈴愛も会話に入ります。

それをさっそく、ボクテ(志尊淳)やユーコ(清野菜名)に打ち明け、病気の本を買おうと考えます。そこで、菱本がどんな人物か疑問に思う鈴愛。秋風と付き合っているの?

不倫後を問題に出版社を退社した菱本を拾ってくれたのが秋風だと教えてもらいます。つくし食堂からかえってきた秋風に、菱本はガンの再発をもう一度確認します。

すると、秋風は病気が再発していることを打ち明けます。そして、弟子をとろうと思った経緯を菱本に話します。一方、律に和子(原田知世)から電話がかかってきました。

ガンに効く漢方薬を鈴愛がお願いしました。翌日、律はそうやっていろんな人にペラペラしゃべる鈴愛のことを叱ります。しかし、鈴愛には理解できません。

みんなで戦い、みんなで協力する。先生には生きてもらうそう自分の主張を通そうとする鈴愛。菱本が話の間に入って実は、秋風は領収書をもらってきていないことに気づきます。

もしかして病院に行っていない?ガンの再発の可能性がないのでは?そう疑問に誰もがおもったところでおしまい。半分、青い。47話のあらすじはここまで。半分、青い。48話のあらすじにつづく。




半分、青い。47話の感想

半分、青い。47話のあらすじでは、秋風の病気がテーマになりました。みんなが秋風の病気のことを心配していろいろと考えますが、律と鈴愛の意見は対立していましたね。

なんかでも、さすがにあんなにいろんな人に言いふらすのはどうなのかなって思いました。みんなで戦うってことを秋風自身が選択しているわけではないのに、漢方かってきたりしてたら怒りますよね。

なんだろ?みんなで戦うっていうと聞こえがいいけど、自分がなんかやっているって気持ちよさで動いているのかなって思ってしまいました。その辺りは、鈴愛が子供で律が大人って感じでした。

誰にも知られたくないこともあるって律の言葉がすごく大人だなって思いました。なんだろ?鈴愛はどうしても子供に見えてしまうんですよね。決して悪い子ではないんでしょうけど、それで傷をつけてしまうこともある。

その言葉がすべてを物語っていたような気がしますね。また、秋風らしいなって思ったのは病院に行っていないけどガンが再発しているっていうのを感じていることですね。

領収書がないって考えた菱本はさすができる秘書って思いました。いつも近くにいて見ているからこそわかることですよね。果たして、秋風の病気がどのようなものなのか。

はたまた、病気そのものがないものなのかなど・・・明日の半分、青い。が楽しみですね。半分、青い。47話の感想はここまで。半分、青い。48話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。48話の感想「秋風の生還」

半分、青い。第9週ネタバレ・あらすじ「会いたい!」

半分、青い。46話の感想「秋風の癌再発?」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)