半分、青い。51話の感想「井の中の蛙」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の51話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第51話のタイトルは「井の中の蛙」です。

半分、青い。50話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は、正人(中村倫也)と花火をする約束をしましたが、秋風(豊川悦司)にそれは社交辞令ではないかと塾の中で言われます。

その続きとなる半分、青い。第51話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、51話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。51話のあらすじ

律は奇跡が起こり、弓道ですべての矢を的に当てます。そして、なんと伊藤清(古畑星夏)に会いました。律も清もお互いのことを覚えていました。

2限目の授業をさぼって一緒にお茶します。鈴愛は、正人に言われたことを思い出してミスをしてしまいます。秋風は、正人から連絡はまだないのか?そう質問したあとに恋をするように言います。

鈴愛は、他の二人とは異なりリアルを拾うことができる。仕事はいつでもできるから、空想よりもリアルな体験をしろといいます。半端に生きるなと後押しします。

一方、律は清に会うために弓道を始めたと打ち明けます。清も人生に1度だけしかないと律のことをしっかりと覚えていたという。すごくいい感じの二人です。

清は、インターハイに優勝してから人が見にくるようになるから、それがプレッシャーでというのです。律もまた梟町で、井の中の蛙でと打ち明けるのでした。

その頃、正人は起きて外をみると二人が歩いてくるのを見るのでした。半分、青い。51話のあらすじはここまで。半分、青い。52話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。51話の感想

半分、青い。51話のあらすじでは、律が清と再会するという回でしたね。律は、清に再会するかもしれないと思って授業で弓道をとっていたんですよね。

なんか、すごくわかる気がする。私もあこがれの先輩がいたからその授業をとったりしたことありました。なので、律の気持ちがすごくよくわかります。

しかも、2限目以降をさぼってお茶するってなんか青春ですね。大学生じゃなければできないことですね。すごくいいですね。しかし、インターハイで優勝するレベルになるとやっぱりプレッシャーあるんですね。

いろんな雑誌にのったり、今だったら美人すぎる○○なんて言われたりしますよね。律も規模は違いますけど、期待されていて「井の中の蛙」って言葉は本当の彼の言葉だなって思いました。

どうしても、外に出てみないとわからないこともありますからね。一方の鈴愛はというと、正人のことを考えてミスしたにもかかわらず、秋風は怒るのではなくもっと恋をしろとアドバイスしました。

空想は、リアルには勝てない。その言葉に、秋風がどれだけ必死に漫画を描いているのかがうかがえました。ほかの二人にはない強みが鈴愛にはある。それがリアルだと。

なんか、普通とは違いますが秋風の姿勢ってすごくいい影響を鈴愛に与えそうな気がします。今後が楽しみですね。半分、青い。51話の感想はここまで。半分、青い。52話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。52話の感想「花火」

半分、青い。50話の感想「社交辞令」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分、青い。第9週ネタバレ・あらすじ「会いたい!」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)