半分、青い。53話の感想「真夏の果実」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の53話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第53話のタイトルは「真夏の果実」です。

半分、青い。52話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は正人(中村倫也)と一緒に花火をしました。ほっぺにキスをされいい感じのところで終了しました。

その続きとなる半分、青い。第53話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、53話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。53話のあらすじ

正人が鈴愛にキスをしようとした瞬間に正人の服が焼けて、ファーストキスはお預けになりました。そして、晴(松雪泰子)が東京にやってきます。なぜか着物を着ている秋風(豊川悦司)。

晴は、秋風事務所に挨拶をして五平餅をみんなにプレゼントしました。晴は、菱本(井川遥)に事務所の中を案内してもらいます。もちろん、鈴木も一緒です。そして、鈴愛の部屋にも案内されます。

鈴愛の部屋では、カーテンをかえてなかったりするので晴が掃除をしてくれるという。楡野家では、仙吉(中村雅俊)がギターを弾きながら歌を歌っています。

それを草太(上村海成)が聴いています。草太は仙吉の青春時代の歌を歌ってほしいといいますが、その時代の歌はいい歌がないからと代わりにサザンオールスターズの真夏の果実を歌ってくれました。

仙吉は、サザンのような歌が自分の青春時代にあればよかった。廉子(風吹ジュン)に聞かせたかったというのでした、半分、青い。53話のあらすじはここまで。半分、青い。54話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。53話の感想

半分、青い。53話のあらすじは、正人と鈴愛のキスが寸前のところでできなかった。そして、晴が東京に来たという回でしたね。一方、楡野家では仙吉が草太に歌を歌ってくれるというストーリーでした。

なんでしょう。あそこまで行ってキスをしないっていうのが、ドラマだなあって思いました。花火で服が焼けるってどんなやねんって思わず笑ってしまいました。しかし、二人はいい感じになってきましたね。

さて、今日のストーリー全体はやや箸休めの感じでしたね。後半は、特に仙吉が草太に歌をうたっていました。仙吉の戦争の話は、今後のなにかにつながっていくのかな?

なんか、その前触れのような気がしますね。なにか今後ありそうな予感がします。鈴愛は、晴が来てくれて嬉しかったでしょうね。晴は、秋風事務所にびっくりしましたが鈴愛の家は倉庫みたいと。

それでも、鈴愛が話しているように住めば都。というのには納得ですね。しかし、晴は岐阜から掃除道具をもってくるって・・・。なんからしいけど、重いだけちゃうんって思ってしまいました。

でも、掃除をしてくれるって鈴愛からしたら嬉しいかもしれませんね。離れてはじめて母親のありがたみって感じるものですから、すごいなって鈴愛は晴のことを思い出したころだろうし。

そのタイミングで行く晴は絶妙やなっておもいました。どのくらい晴がいてくれるんやろ?なんか楽しみですね。半分、青い。53話の感想はここまで。半分、青い。54話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。54話の感想「半分、片想い」

半分、青い。第10週ネタバレ・あらすじ「息がしたい!」

半分、青い。52話の感想「花火」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)