半分、青い。54話の感想「半分、片想い」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の54話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第54話のタイトルは「半分、片想い」です。

半分、青い。53話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)のもとに晴(松雪泰子)がやってきました。秋風事務所に豪華さに驚きます。そして、鈴愛の部屋を掃除します。

その続きとなる半分、青い。第54話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、54話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。54話のあらすじ

鈴愛の部屋を一生懸命掃除する晴。一方の鈴愛は、締め切りが迫って大忙しで仕事をしています。忙しくして、帰ると晴は晩御飯を作って寝ていました。

晴のハンバーグを食べて喜ぶ鈴愛。そして、スタンドを宇太郎(滝藤賢一)が作ったのを持ってきました。そして、そのスタンドで一緒に晴と寝ます。晴は、カエルのワンピースをきたの?と気づきます。

鈴愛は嬉しそうに花火をしたときのことを話します。しかし、まだ半分片想いやから会せるのは早いという鈴愛。晴は、鈴愛は律(佐藤健)かと思っていたと打ち明けます。

鈴愛は、律でも律は鈴愛と違うという。顔や成績、バレンタインデーから自分では律の相手は釣り合わないというのです。そして、律には好きな人がいるともいいます。

晴にとっては、鈴愛が一番の美人に見える。この世で一番かわいいというのでした。鈴愛は、そういうの親バカというと晴にいうのでした。

そして、晴は鈴愛の寝顔を見て大きくなったことを実感し涙しました。半分、青い。54話のあらすじはここまで。半分、青い。55話のあらすじにつづく。




半分、青い。54話の感想

半分、青い。54話のあらすじは、鈴愛が晴に好きな人がいることを伝えた回でしたね。晴は、鈴愛の相手は律かと思っていたけど・・・そうじゃなかったというストーリーでした。

なんだろう。鈴愛や律以上に、親同士が二人の関係をわかっているのかもしれませんね。律と鈴愛はどこかで必ずくっつくんでしょうけど。。。この紆余曲折が恋愛もののドラマって感じですね。

最初からくっつく相手はわかっているけど、それが紆余曲折して最終的にくっつくみたいな感じです。なので、こっからどんな展開がまっているのかを楽しむみたいなドラマです。

朝ドラには、あまりないタイプの恋愛ストーリーかなって思います。土屋太鳳さんが主演だった「まれ」以来かな。こんな感じの三角関係は。ただ、律にも好きな人がいるっていうのは確かですからね。

また、晴は母親らしいなって思ったのは・・・鈴愛が世界一かわいいって言葉。世の中の親はみんな思っていますよね。ただ、イメージとしては母親よりも父親の方が思っているかもしれません。

溺愛しているって。でも、今日みてて思ったのは・・・鈴愛は本当は律のことが好きだけど、自分には釣り合わないからという理由で好きって言っていないってことなんかなって思いました。

案外、鈴愛自身も律のことを好きなのに気づいているけど・・・それでも自分はって思っているのかもしれませんね。律が清(古畑星夏)と本格的に付き合い始めるとなんか衝突しそうな気がしますよね。

そこがどうしても気になりますね。今後、鈴愛と清の衝突があるのかないのか。半分片想いの鈴愛の恋はうまくいくのか楽しみですね。半分、青い。54話の感想はここまで。半分、青い。55話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。55話の感想「バッティングしてしまったデート」

半分、青い。第10週ネタバレ・あらすじ「息がしたい!」

半分、青い。53話の感想「真夏の果実」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)