半分、青い。58話の感想「初対面」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の58話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第58話のタイトルは「初対面」です。

半分、青い。57話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は正人(中村倫也)に振られます。それを律(佐藤健)が側で慰めます。

その続きとなる半分、青い。第58話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、58話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。58話のあらすじ

鈴愛は徐々にですが回復してきます。そして、律の薬指を見てマネキュアが塗られていることに驚きます。律は、清(古畑星夏)に塗られたと悪びれることもなく話します。

律は、正人の引越しを手伝います。律は鈴愛のことを話し、ちゃんとした恋愛をするようにアドバイスします。正人は、律は本当に鈴愛じゃないの?と確認します。

律は、鈴愛はドラえもんだという。恋愛感情は少しもないという。正人は、律がのび太ならドラえもんの方を選ぶことないか。そういって、二人は離れられないという。

一方、鈴愛は涙止めマスクをしているので菱本(井川遥)が失恋したことを秋風(豊川悦司)に話します。すると、秋風は喜びます。いろいろ聞きたいが締め切りがあるので、きけないとじれったそう。

律は、心配して秋風事務所に電話します。大丈夫だと聞いて安心する律。清は誰かと聞きますが友達と律はは嘘を言います。律は、清と一緒に宇佐川教室に行きました。

しかし、律の心はここにあらずという感じです。それを清もきづいていて、どこかに行きたいという感じだと宇佐川先生に話すのでした。その晩、律は鈴愛の家にまた行き料理します。

和子(原田知世)直伝のスープです。それを、鈴愛にあげると喜びます。律は、鈴愛はどこに行ってもかわらんとすごいという。律は、周りに影響を受けるという。

鈴愛は、翌日には涙止めを外して仕事に打ち込むことができるようになります。そして、ユーコ(清野菜名)やボクテ(志尊淳)と一緒にご飯を食べています。

すると、そこに律と清が偶然にもやってきます。半分、青い。58話のあらすじはここまで。半分、青い。59話のあらすじにつづく。




半分、青い。58話の感想

半分、青い。58話のあらすじでは、鈴愛が律やボクテ、ユーコのサポートのおかげで徐々に失恋から立ち直っていくというストーリーでしたね。なんか複雑ですね。

律は、なんだろ?鈴愛のことをドラえもんみたいだと話していましたが、正人の言うように二人は離れられないんだと思いました。のび太にとっては、ドラえもんの方が大事だし。

なので、しずかちゃんよりもドラえもんを選ぶって感じました。しかし、鈴愛はまっすぐで変わらないですよね。律の話したとおり、実は芯がすごく強いんでしょうね。

どこに行っても、自分というものをしっかりと持っていて把握しています。なので、住む場所や環境が変化してもしっかりと自分を持っていられる。そこが鈴愛の魅力なんでしょうね。

また、今回の失恋については周りのサポートがよかったですね。ユーコやボクテという同じ職場の人があんなに励ましてくれたのは、周りに恵まれているなあって思いました。

別に、ユーコやボクテに彼氏がいるわけでもない状況ですからね。でも、やっぱり清のことは気になりますね。律は本当に清のことが好きなのかな?なんかそこが気になります。

一緒にいるのに、鈴愛を心配して電話するとかってありえないですよね。それを清も気付いている。だから、余計に嫉妬されるんでしょうね。

ご飯食べているところに現れて・・・波乱の予感がしますね。半分、青い。58話の感想はここまで。半分、青い。59話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。59話の感想「苦しい仕事」

半分、青い。第11週ネタバレ・あらすじ「デビューしたい!」

半分、青い。57話の感想「律は鈴愛の安定剤」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)