半分、青い。59話の感想「苦しい仕事」

手紙

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の59話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第59話のタイトルは「苦しい仕事」です。

半分、青い。58話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)がご飯を食べているところに、清(古畑星夏)が律(佐藤健)と一緒にやってきます。

その続きとなる半分、青い。第59話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、59話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。








半分、青い。59話のあらすじ

鈴愛と清は、通り一遍の挨拶をします。そこに、ユーコ(清野菜名)が律に対してスープがおいしかったという。それに疑問を感じた清がスープのことを聞きます。

清は律に今度自分にもつくってほしいといい律はそれを了承します。そして、秋風塾では鈴愛は最近心に刺さった出来事を聞かれます。鈴愛は律の爪のネイルの話をします。

清と律はお揃いの爪を縫っていたという。正人(中村倫也)にふられたことよりもその爪のことが印象に残ったとことを事細かく話をして、鈴愛は同じ色のマネキュアは選ばないだろうと話すのでした。

自分を見つめ直すことは苦しい仕事ではないかと質問した鈴愛に対し、秋風(豊川悦司)はそれが多くの読者に喜ばれると報われるのだという。そして、七夕になりました。

七夕と言えば短冊と秋風事務所のみんなで願い事を書きます。また、鈴愛は七夕が誕生日。そして、律も同様に誕生日です。秋風は、お祝いに正人と律を呼んでくるように言います。

正人は無理だが律なら呼べるとケーキを買いにいって、律を家に誘いにいきます。鈴愛は、マグマ大使の笛で律を呼びますが、出てきたのは清でした。半分、青い。59話のあらすじはここまで。半分、青い。60話のあらすじにつづく。







半分、青い。59話の感想

半分、青い。59話のあらすじは清と初めてあった鈴愛が挨拶をして・・・誕生日祝いを一緒にしようと思って呼びに行くと、律の家から清が出てきたという回でしたね。

あの清の出てきたときの表情がなんとも印象的でした。怖かったですね。鈴愛もわざわざ呼びにいかずに電話ぐらいにしとけばよかったのに。それでも、清が出てもめるかもしれませんが。

ボクテ(志尊淳)が話していたように、清は女として自分の方が上だと思っているんでしょうね。自分の方が女として上なので、鈴愛と親しくされるのがいやなんだと思います。

清はプライドが高くきつそうですから。ああいう、鈴愛みたいなかわいいタイプとは水と油の気がしますね。しかし、漫画家って大変な仕事ですよね。

自分の出来事を漫画に落とし込むっていうのは、なんとなくわかりますけど・・・鈴愛が話していたようにすごく辛くきつい作業でもありますよね。自分にとっていいところだけではないですからね。

悪いところもあるので、それを受け止める辛さがあります。それでも、読者に喜ばれたらそれがうれしいというのは秋風の漫画家たるゆえんなのかもしれません。とにかくリアルを追う。

漫画の中に真実を追求するって本当に大変なんだなあって思いました。さて、最後に鈴愛と清が会いましたけど嫌な予感しかないですね。半分、青い。59話の感想はここまで。半分、青い。60話の感想につづく。








あなたにおススメのページ

半分、青い。60話の感想「修羅場」

半分、青い。第11週ネタバレ・あらすじ「デビューしたい!」

半分、青い。58話の感想「初対面」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)