半分、青い。61話の感想「最後の笑顔」

佐藤健

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の61話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第61話のタイトルは「最後の笑顔」です。

半分、青い。60話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)が清(古畑星夏)と大喧嘩をしてしまいます。そして、律(佐藤健)から電話がかかってきます。

その続きとなる半分、青い。第61話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、61話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。







半分、青い。61話のあらすじ

律は、鈴愛に話がしたいといい2人は「おもかげ」で話をすることになりました。律は、梟会の写真が破れていたと鈴愛にいい・・・鈴愛の言うことを信じると律はいいます。

清は嫉妬しているからだと律はいう。律は、鈴愛が律のものだという話をしたのか確認します。鈴愛はそれを認めると、それはアウトだという。だから、もう駄目だよと律は鈴愛に打ち明けます。

律はいつになく真剣で、鈴愛と距離を置くために引越しするという。清が好きだから傷つけたくないと正直な気持ちを律が話します。鈴愛は今までと同じように律の側にいたかったといいます。

しかし、律はルールを破ったのは鈴愛だといいもうダメだという。そして、会うのは今日が最後だという。話をしていると、掛け合いのような話をしますが律は笑いません。それでも、鈴愛は最後だから笑ってよと言います。

そして、律がいないと立っている地面がなくなっているみたいで怖いと打ち明けます。それでも、律はもう遅いと別れを告げるのでした。鈴愛の家に律は送っていく途中に思い出ごっこをします。

これまでの二人の思い出を順番に話していきます。鈴愛の家に到着して律は、鈴愛に誕生日おめでとうと言い鈴愛は律と別れます。律が鈴愛を最後に見送ります。

鈴愛の目には涙があふれています。律は、飾られてあった短冊に鈴愛が書いてあった願い事を持って帰りました。半分、青い。61話のあらすじはここまで。半分、青い。62話のあらすじにつづく。








半分、青い。61話の感想

半分、青い。61話のあらすじでは律と鈴愛が別々の道を歩むことになりました。なんか、すごく切ない回でしたね。律は、鈴愛との友情よりも清との恋愛を選んだということなんでしょうね。

清と鈴愛ってすごく対照的な女性で、清はすっごく重たい。鈴愛は自由奔放で軽いんです。だから、水と油のような関係ですね。律は真面目だから、清を選んだってことなんでしょう。

ああやってみると、鈴愛は律が好きだったんでしょうね。ずっと、ずっと。でも、律と鈴愛では釣り合いがとれないからという理由であきらめていただけなんだと思う。その気持ちを初めて知ったのかもしれませんね。

正直、人生の中でずっと一緒にいた人がいなくなったら相当不安ですよね。これは、鈴愛だけでなく律もきっと同じだと思う。清がいるといっても、感じが違うしいいところも悪いところも見えてくるのはこれからですからね。

律は、真面目だから清の気持ちを大事にしたってのはわかるけど・・・正直アウトって感覚がよくわかりませんでした。これまで通りってわけいにはいけないけど、たまに会うとかってのはないのかな?

そんなことを思ってしまいました。ただ、これが清サイドから見るとたまに会うとかってなるのもあり得ないんでしょうけどね。律と鈴愛にとっては会わない時間っていうのも必要だったのかもしれませんね。

今後どうなるかはわかりませんけど、清と律はなんかうまくいかない予感がします。半分、青い。61話の感想はここまで。半分、青い。62話の感想につづく。







あなたにおススメのページ

半分、青い。62話の感想「色」

半分、青い。60話の感想「修羅場」

半分、青い。第11週ネタバレ・あらすじ「デビューしたい!」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)