半分、青い。66話の感想「新人賞」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の66話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第66話のタイトルは「新人賞」です。

半分、青い。65話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)の作品がボクテ(志尊淳)にパクられたと慌てて菱本(井川遥)が連絡してきます。

その続きとなる半分、青い。第66話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、66話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。66話のあらすじ

鈴愛は、秋風(豊川悦司)にボクテに書いてもいいと言ったことを伝えます。そして、ボクテは秋風ハウスからは姿を消してしまっていました。

ボクテは、しかし事務所の中に隠れていました。そこに連絡があり月刊ガーベラの新人賞にボクテの作品が選ばれたと秋風が鈴愛とユーコに言います。

しかし、秋風はボクテはもう帰ってきてもクビだという。一回パクる人間は、何度も同じことをする。ボクテは才能があったのだから新人賞をとったのは当たり前だという。

そして、鈴愛もクビだという。しかし、そこに隠れていたボクテはそれだけはと秋風を止めます。ユーコとボクテと鈴愛は3人で一緒に謝りに行こうと言い謝罪します。

秋風は、ボクテだったら自分の言いたいことはわかるはずだと許すことはありませんでした。ボクテは、涙を流して謝罪して出ていくといいます。

秋風がぱくったこと以上に怒っていたのは、ボクテが鈴愛の作品をエロ漫画にしてしまっていたことです。その作品に終止符をうってしまったことを怒っていたのです。

そうして、ボクテは秋風事務所から出ていきました。その日、鈴愛が繰り上げで新人賞に選ばれます。半分、青い。66話のあらすじはここまで。半分、青い。67話のあらすじにつづく。




半分、青い。66話の感想

半分、青い。66話のあらすじでは、ボクテが秋風事務所を出ていくことになりました。そして、新人賞を鈴愛が繰り上げ当選ですが獲得することができました。

今回の秋風は、よかったですね。厳しいように映りましたがプロであるのなら、当然の判断をしたのだと思います。何よりも売れたい気持ちが先走ってしまった。

ボクテは、自分に負けたんだと秋風は言いたげでしたね。なんか、それがすっと入ってきました。鈴愛もクビってところまで行くとさすがに行き過ぎかなって思いますけど、ボクテを教えることが秋風にはできない。

そんな気持ちが聞こえてきたような気がします。あと、ユーコよりもボクテが才能があって現時点では一番なんだという秋風の言葉にも驚かされました。

先にデビューをしているので、ユーコの方が実力があるのかなって思っていました。しかし、そうではなかったことにびっくりしました。そして、最後に鈴愛が新人賞を獲得。

漫画家の登竜門である新人賞を繰り上げとはいえ当選したのは、鈴愛すごいですよね。なんかの間違いなんじゃないか。そんなことを思ってしまいました。

でも厳正なる審査の結果ですからね鈴愛にも漫画家の道が見えてきましたね。半分、青い。66話の感想はここまで。半分、青い。67話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。67話の感想「漫画家デビュー」

半分、青い。第12週ネタバレ・あらすじ「結婚したい!」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分、青い。65話の感想「パクり」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)