半分、青い。71話の感想「ユーコの旅立ち」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の71話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第71話のタイトルは「ユーコの旅立ち」です。

半分、青い。70話のあらすじで、ユーコ(清野菜名)が漫画家を辞めて結婚することを秋風(豊川悦司)に伝えます。そして、秋風もユーコの幸せを優先してそれを了承しました。

その続きとなる半分、青い。第71話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、71話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

半分、青い。71話のあらすじ

ユーコの結婚式に行く鈴愛と秋風。そして、ユーコがウエディングドレスを着ています。結婚式が終わってユーコと鈴愛が話を部屋でします。

ユーコは、鈴愛にいい人に出会わなかったか聞きますが・・・鈴愛は見つからなかったという。鈴愛に残したいものあると、漫画の道具をたくさんくれます。

そして、鈴愛はユーコに顔を出すように言います。一方、梟町ではキミカ先生(余貴美子)の還暦祝いを行うことが決まりました。

ユーコは、挨拶をして秋風事務所を旅立ちました。鈴愛はユーコとの別れに涙します。一方、梟会では、菜生(奈緒)は鈴愛に還暦祝いのスケジュールの都合つかないかと電話してきます。

しかも、そこには律(佐藤健)も来ると言われます。律が来ることに鈴愛はなにかを感じます。半分、青い。71話のあらすじはここまで。半分、青い。72話のあらすじにつづく。

 

半分、青い。71話の感想

半分、青い。71話のあらすじは、ユーコが秋風事務所を旅立つかいでした。そして、鈴愛に還暦祝いの誘いがくるという回でしたね。

鈴愛は、スケジュールの都合をつけていくのでしょうか。正直、私が鈴愛なら律が来るって言えば余計に帰りづらいかなあって思ってしまいます。

律との別れはそれだけつらく悲しいものだったからです。なので、なんだろ?菜生にその誘い方はしてほしくなかったなあ。律の名前を出してほしくなかった。

でも、気になってしまいますよね。律がどう成長しているのか。なので、結局は私が鈴愛だったとしても行ってしまうのだと思います。どんなに忙しくてもスケジュールの都合をつけて。

しかし、ブッチャーの髪形面白かったですね。マジ?リーゼントって思いました。あの髪恥ずかしくないのかな?律と鈴愛の再会が楽しみですね。半分、青い。71話の感想はここまで。半分、青い。72話の感想につづく。

 

あなたにおススメのページ

半分、青い。72話の感想「再会」

半分、青い。第13週ネタバレ・あらすじ「仕事が欲しい!」

半分、青い。70話の感想「ユーコの幸せ」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)