半分、青い。73話の感想「突然のプロポーズ」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の73話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第73話のタイトルは「突然のプロポーズ」です。

半分、青い。72話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)が久しぶりに再会します。大人びた律に対し、鈴愛は変な格好です。

その続きとなる半分、青い。第73話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、73話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。73話のあらすじ

律と鈴愛は、駅で二人話をします。鈴愛は、自分のドレスが着れなくなった話をします。律は、鈴愛の懐かしい声を聴いていたと答えます。鈴愛は、その言葉は反則だとかえします。

律は、京都に行きロボット開発していることを伝えます。鈴愛は、自分の漫画の話をします。鈴愛は、会わなかった時間がないように話をします。そして、律は嬉しくて泣きます。

一方、車で待つ菜生(奈緒)のところにブッチャー(矢本悠馬)がやってきます。待っててどうするのかというブッチャーは、菜生に付き合うかというのでした。

律と鈴愛は、マグマ大使の笛の話をして・・・どんどんいい感じになっています。そして、律は七夕の日に鈴愛の夢を盗んだことを打ち明けます。だから、ロボット開発を頑張ったのだという。

夢を叶えたことにお礼をいう鈴愛。そして、律の夢は自分の夢だったと鈴愛が打ち明けます。律もありがとうと鈴愛に言うのです。

ブッチャーは律が清(古畑星夏)が別れたことを菜生に話します。そして、ブッチャーはずっと彼女がいないという。律は、鈴愛に就職が決まったことを伝えます。

その時の駅の高架で短冊が飛んでそれを追いかけてこけそうになる鈴愛。それを支えて、律は結婚しないかとプロポーズします。半分、青い。73話のあらすじはここまで。半分、青い。74話のあらすじにつづく。




半分、青い。73話の感想

半分、青い。73話のあらすじでは、鈴愛に律がプロポーズするという回でした。また、ブッチャーが菜生のことを好きなのかな?って思うシーンもありました。

ブッチャーと菜生は案外お似合いかもなんて思ったりもしました。付き合うって菜生に言ったのは、好きで付き合うっていったのかと思いましたが、ともしびに付き合うの方だったのかな?

なんか、どっちともとれる感じだったのでとっても気になりました。どちらにしても、ブッチャーは菜生のことが好きなんだろうなっていうのを感じました。

菜生もブッチャーに嫌な感じはなさそうな気がしますね。なので、鈴愛と律以上にカップルになりそうな予感がしますね。梟会で結婚ってなるとバランスがおかしくなりますよね。

さて、律は突然にプロポーズでしたね。電車に乗って会えなかった場合はどうするつもりだったんだろう?そんなことをまず思いました。ほんと、突然のプロポーズですね。

付き合うとか恋愛とかってのはなしでいきなり結婚ってところが律らしいのかなって思いました。お互いのことを恋人以上に知っているから一気に結婚でもいいような気もします。

ただ、律は京都だからなあ。鈴愛は漫画もあるし・・・どうなるんだろ?半分、青い。73話の感想はここまで。半分、青い。74話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。74話の感想「過去の栄光」

半分、青い。第13週ネタバレ・あらすじ「仕事が欲しい!」

半分、青い。72話の感想「再会」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)