半分、青い。76話の感想「鈴愛のショック」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の76話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第76話のタイトルは「鈴愛のショック」です。

半分、青い。75話のあらすじで、秋風(豊川悦司)のところに律(佐藤健)から結婚したというハガキが届きました。秋風はそれを見て鈴愛(永野芽郁)のことを心配します。

その続きとなる半分、青い。第76話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、76話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。76話のあらすじ

ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が秋風事務所にやってきました。手伝おうとやってきた二人ですが、鈴愛は占いなどの絵をかいたりするのに忙しい状況でした。

秋風は、二人に相談に乗ってほしいと律の送ってきたハガキをみせます。二人は、これはいつの間にか婚ではないかという。ユーコとボクテは、秋風にいつの間にか婚の説明をします。

秋風は、鈴愛は結婚を知らないだろうか。秋風が晴(松雪泰子)がお見合い写真を送ってきたのは、律が結婚したせいだと気づきます。一方、鈴愛は漫画のストーリーを考えています。

しかし、なかなかうまくいきません。そこで、とってきた郵便の中を見るとなんと、律の結婚したというハガキがあります。鈴愛はなかなか気づきませんでした。

それからしばらくして、鈴愛は新聞を見たあとにハガキに手を伸ばします。そして、律の結婚を知った鈴愛は晴に電話をします。半分、青い。76話のあらすじはここまで。半分、青い。77話のあらすじにつづく。




半分、青い。76話の感想

半分、青い。76話のあらすじでは、鈴愛が律の結婚を知ったという回でしたね。あきらかなショックぶりに、ちょっと心配になりました。鈴愛大丈夫かなって・・・。

律の結婚は、でも鈴愛は自分の責任でもありますからね。そこまで同情できないなって思ってしまいました。自分がプロポーズされて、無理って言ってしまいましたからね。

もう大人ですから、自分で話をしたことは自分で責任をとらなければならない。そんな年齢です。しかも、断る理由を言うことなく無理って言っているので律は違う人探すよね。

鈴愛が落ち込んでもなんか共感できないんですよね。それがあったので。無理って断り方がもう少し違ったものであれば、共感できるものもあったかもしれませんけど、鈴愛のふりかたはひどかったですからね。

律が違う女性を見つけてもそれは、誰もせめることはできません。むしろ、鈴愛は自分の責任であることを自覚しなければならないのかなって思ってしまいました。

鈴愛は、純粋ですごくいい女性なのかもしれないけど・・・大事なところで相手の気持ちを考えれないところがあるよねって思ってしまいます。秋風先生の癌の時もそうでしたけど。

ちょっと、子供すぎるかな。もうちょっと自分の発言は考えて喋ったほうがよいかなと思います。まあ、ドラマなんで・・・ですが。鈴愛はショックで晴に電話していましたね。

律が結婚したことを晴が言えば、鈴愛の精神は一気に崩壊に向かうような気がします。どうなるんだろ?半分、青い。76話の感想はここまで。半分、青い。77話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。77話の感想「律の時間」

半分、青い。75話の感想「律の結婚」

半分、青い。公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)