半分、青い。77話の感想「律の時間」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の77話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第77話のタイトルは「律の時間」です。

半分、青い。76話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)のところにも律(佐藤健)が結婚したというハガキが届きました。ショックを受けた鈴愛は晴(松雪泰子)のところに電話をします。

その続きとなる半分、青い。第77話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、77話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。77話のあらすじ

鈴愛は晴に律が結婚したことを電話で確認します。晴は、鈴愛に律が結婚したことを伝え・・・あきらかな鈴愛のおちこみように大丈夫かなと心配をします。

電話を切った後に、ご飯を食べながら鈴愛は律が結婚したことに大泣きします。一方、秋風(豊川悦司)事務所ではユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が鈴愛のことを心配して、律の会社に秋風本人が電話をかけました。

秋風は、律に聞きたいことがあると鈴愛ではなかったのかと問います。律は、人のいないところで折り返し「鈴愛にふられた」という。律は、鈴愛にふられたことでどん底に落ちたのだという。

そして、いつか秋風に言われた人生に無駄なことがないという言葉を思い出したという。鈴愛の夢を叶えようとロボットを作った。律は幼かったので自分の気持ちに気づくのが遅かった。

しかし、結果的にふられてしまった。律は鈴愛のことは遠くから昔からの友人として応援しているという。律は、ミーティングがあるのでと電話を切ります。

秋風は、鈴愛の無理だといった意味が違っても誤解があってももう遅い。律は、ふられたことをかてに前向きに生きているという。そして、鈴愛がいなくなります。

鈴愛が向かった先は、律の結婚した後に住んでいる家でした。半分、青い。77話のあらすじはここまで。半分、青い。78話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。77話の感想

半分、青い。77話のあらすじでは鈴愛が律が結婚したことを知って律の家に行くという話でしたね。また、秋風が律に電話をしたというストーリーでした。

秋風が電話を切った後に話していたように、律には律の時間があるっていうのが真意かなって思いますね。鈴愛がふってから3ヶ月とかって短い期間ならまだわかりますが・・・。

すでにあれから4年以上も経過しています。律にとっては、ふられたショックから吹っ切れるために新しい恋をしたんでしょうね。前向きに生きたんだと思います。

律には、律の人生があるって。いつまでも鈴愛のことを想ってくれているって考えが、鈴愛らしいと言えばらしいですが、それを受け止めれる人はいないですよね。

ごめん、無理って言われたら・・・そりゃあ、どんな理由があっても、たとえずっと律が鈴愛のことを好きであっても無理ですよね。私は、その時の断り方がダメだったんだと思う。

それが今の結果を招いたのだと。少し心配なのは、鈴愛が律の家に行ってしまっているということ。しかも、すごく思いつめた顔で律のいない律の家にいっています。

律の嫁さんと喧嘩にならなければいいですけどね。その辺りがどうしても心配になりますね。半分、青い。77話の感想はここまで。半分、青い。78話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。78話の感想「漫画を描け」

半分、青い。76話の感想「鈴愛のショック」

半分、青い。第14週ネタバレ・あらすじ「羽ばたきたい!」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)