半分、青い。78話の感想「漫画を描け」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の78話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第78話のタイトルは「漫画を描け」です。

半分、青い。77話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は一人で、律(佐藤健)が結婚生活をしているところにむかいました。

その続きとなる半分、青い。第78話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、78話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。78話のあらすじ

鈴愛が到着すると、律の妻が洗濯物を干していました。そして、鈴愛と目があいます。鈴愛は、このあたりにコンビニありますかと聞いて帰ろうとします。

すると、律がもうすぐ帰ってくるので上がっていってください。和子(原田知世)も来ているのでと誘われますが、鈴愛は走って逃げていってしまいます。

秋風(豊川悦司)らは鈴愛の部屋に入って、締め切りが近いのでネームを見ます。しかし、その出来があまりに酷いのでもう終わりかもしれないという。

最近の鈴愛の作品を見て、秋風はこんなにひどかったのかと驚きます。ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)らに秋風は最近の鈴愛のことを聞きます。

鈴愛は、律の奥さんに会いに大阪まで行っていたのだという。それで、いい作品ができるという。そして、ネームを秋風にチェックしてもらいます。

秋風はいいんじゃないか。そういうと、鈴愛はどうして怒ってくれないのか。そう秋風に詰め寄ります。そして、秋風に突っかかる鈴愛を止めようとするとユーコに逃げた奴に言われたくないと喧嘩になります。

ボクテは、漫画で成功している。ユーコは幸せな家庭にいる。自分はなにもないという。その喧嘩を見て秋風は、鈴愛に漫画を描けと命じます。半分、青い。78話のあらすじはここまで。半分、青い。79話のあらすじにつづく。




半分、青い。78話の感想

半分、青い。78話のあらすじは、自分が描けないから鈴愛はいろんな人に八つ当たりしている感じの回でしたね。秋風も周囲も鈴愛のことをすごく心配していました。

でも、鈴愛はそのことに感謝するのではなく逆切れしている。なんか、すごく嫌な気持ちになりました。才能があるかないかは、天が与えてくれたものです。

鈴愛には、その才能がないのかもしれません。しかし、自分を大切に思ってくれる人、気遣ってくれる人に対してあんな対応をしてはダメですね。大人じゃないです。

ずっと子供のままの鈴愛。周囲が成長していっているのに、自分だけずっと学生のまま時間が止まっている状態です。だから、みんながあんなに心配しててもあんな怒り方しかできないんです。

確かに、ユーコは漫画から逃げたのかもしれません。でも、その方がいい場合もあるし・・・人生においてそっちの方が幸せなケースもあります。それは自分で判断することです。

鈴愛は、漫画から逃げなかった。描くという道を選びました。しかし、それが幸せかどうかは自分で判断することです。ユーコに漫画から逃げた奴っていうのは、絶対に言ってはいけない一言です。

いくら普段はそう思ってないそぶりを見せてもこういう時に、ぼろがでるんですよね。私なら鈴愛とは絶対に友達になりたくないです。心でそんなこと思われているとかって耐えられないから。

律が結婚したって話も自分の責任。漫画が描けないのも自分の責任です。その根本がない悲劇のヒロインの鈴愛が痛々しかったです。半分、青い。78話の感想はここまで。半分、青い。79話の感想に続く。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。79話の感想「共作」

半分、青い。第14週ネタバレ・あらすじ「羽ばたきたい!」

半分、青い。77話の感想「律の時間」

半分、青い。公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)