半沢直樹(2020/続編)第2話の感想「詫びろ半沢!」

このページは、TBSの日曜劇場「半沢直樹」(2020)の第2話の感想をお伝えします。タイトルは「詫びろ半沢!」です。

半沢直樹(2020)の第2話のあらすじをざっくりまとめると、半沢はスパイラルのホワイトナイト・フォックスに疑問を抱き東京中央銀行との関係を調べました。

 

その結果、フォックスと大洋証券でスパイラルの瀬名社長を騙していることが判明しました。裏で糸を引いていたのは東京中央銀行の伊佐山(市川猿之助)でした。

そして、瀬名社長の依頼でスパイラルと東京セントラル証券のアドバイザー契約を結びました。すると、銀行から圧力がかかるというストーリーでした。

半沢直樹(2020)第2話の感想

半沢直樹(2020)を見て最初によかったなあって思ったのは、森山と瀬名の関係が友達に戻れたことです。原作で描かれていないところだったので、とても気になっていたんです。

どんな感じでうまくいくようになるのかなって。でも、しつこく会いに行ったことが結果的にうまくいくことができましたね。

 

本当なら仕事がない状態で再会して、その後に仕事のことで相談って流れが一番よかったんでしょうけど、うまくいって良かったなあって思いました。

森山が瀬名に信頼されたことで、瀬名は大洋証券よりも東京セントラル証券を信じてくれるようになりましたね。

 

通常、セカンドオピニオンに同席はさせないような気がしますが・・・顧客第一主義で考えれば、それが一番なんでしょうね。

あと、半沢もよかったですね。森山からスパイラルのことを聞く前にしっかりと止めていたところは、さすが半沢って思いました。人間関係を重視する半沢らしいなって思いました。

 

でも、森山と瀬名が友達でなければスパイラルとアドバイザー契約を結ぶことができなかったので、そういう意味では、倍返しできるのは森山のおかげともいえるかもしれません。

半沢直樹(2020)第2話のMVP

半沢直樹(2020)第2話で、特に印象に残っているのが森山の活躍です。それは、ここまでにお伝えしてきた通りです。

ただ、MVPは誰かというと私は意外な人物を選びたいと思います。それは、三木(角田晃広)です。確かに、三木のせいで半沢はピンチになりました。

 

でも、半沢と森山にしっかりと謝罪しました。銀行で、雑用させられてつらい思いをしているとはいえ諸田(池田成志)とは大違いです。

謝罪一つない諸田と、間違っていたことをしたと謝る三木。この二人がすごく対照的で、今後三木に頑張ってほしいなって思いました。

 

そして、三木のおかげで東京中央銀行スキームの全貌がわかりましたね。諸田にファイルを取り上げられたときは、心配しましたが三木はしっかり対策していた。

だから、半沢達の役に立つことができた。銀行では、雑用係しかできていませんが人間的には諸田よりずっといいです。今回、フォックスと大洋証券、そして伊佐山の狙いを潰したのは三木ですね。

 

今回のMVPは、三木でしたが他にも光る人が随所に出てきていました。顔芸の伊佐山。未だに、半沢と反発しあってる大和田(香川照之)。

そして、びしっとしめる中野渡頭取(北大路欣也)。すべてのキャストが半沢直樹を豪華に彩っています。半沢直樹(2020)第3話も楽しみですね。半沢直樹(2020)第3話につづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です