半沢直樹2(続編)第4話の感想「半沢vs伊佐山の結末」

このページは、TBSの日曜劇場「半沢直樹2」(続編)の第4話の感想をお伝えします。半沢直樹2の第4話は第一部の最終回というストーリーでした。

半沢直樹2第4話のあらすじを簡単に説明すると、半沢たちが電脳の粉飾を見破りました。そして、半沢が最終手段の大和田(香川照之)と手を組みます。

 

そのことで、東京中央銀行の追加融資500億円を防ぎ伊佐山(市川猿之助)、三笠(古田新太)の野望をぶっ潰しました。そして、半沢は銀行に栄転を果たしました。詳しいあらすじはコチラ

半沢直樹2のネタバレ,あらすじ第4話「絶体絶命!カギは因縁・大和田」

半沢直樹2第4話の感想

半沢直樹の4話は、痛快なストーリーでした。伊佐山、三笠ペアをしっかりとやっつけました。伊佐山が声にならない言葉で謝罪したのはよかったです。

あと、驚いたのは大和田が半沢の提案に乗ってきたことでした。一度、車に乗っていきかけたのを見てああ、やっぱり相容れないのかなって思っていました。

 

そりゃあそうですよね。大和田からすると、半沢に常務から追いやられて出世コースから落とされてしまいましたからね。だから、死んでも嫌だねって言葉がとても印象的でした。

でも、大和田は自分が今後生き残る道を考えた時に半沢にかけるしかなかった。そんな感じなんだと思います。

 

ずっと、手塩にかけてきた伊佐山には裏切られる。三笠は電脳の買収で大きな成功をおさめようとしている。自分が常務に戻る道が立たれた。

そんな状況を見て、半沢は大和田は絶対に乗ってくるって確信があったんだと思います。半沢からすれば、大和田が乗ってこなければおしまいという状況でした。

 

そのため、すごい剣幕で大和田に迫っていました。前作の半沢直樹から見ていれば、信じられない光景でしたね。

半沢直樹2第4話のMVP

半沢直樹2の第4話は、やはり印象的なシーンが満載でした。半沢が森山に打ち明けた言葉や伊佐山の謝罪。そして、三笠がメモを捨て電脳と深くつながっていたこと。

印象的なシーンがたくさんありましたね。伊佐山、森山、半沢などたくさんのMVP候補がいるのですが、今回はやはりプライドを捨てて半沢と組んだ大和田。

 

大和田を演じた香川照之さんをMVPに選びたいなと思います。原作では、香川照之さん演じる大和田は登場しません。

大和田の役どころを内藤部長(吉田鋼太郎)が原作ではつとめていました。しかし、前作からの流れで大和田が半沢と手を組むというストーリーが脚本としてすごくよかった。

 

しかも、一度決裂したと見せかけてのことだったので余計に魅力的なストーリーでした。大和田を演じる香川照之さんの演技にとても迫力がありました。

今後、半沢が担当する帝国航空では敵になるのか。それとも味方になるのか。どうなるか読めない役どころで楽しみですね。

 

第2部も大和田vs半沢の対決を楽しみたいと思います。最終的には、味方になるような気もしますけど・・・銀行内部の権力闘争も今後の大きな見どころだと思います。

伊佐山と三笠副頭取をやっつけた次の半沢の相手は、国になりそうですね。壮大なスケールに期待したいです。半沢直樹4話の感想はここまで。半沢直樹5話の感想につづく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です