半沢直樹2(2020)ネタバレ,あらすじ第5話「国家権力と戦え! 巨大航空会社を救え!」

このページは、TBSの日曜劇場「半沢直樹2」(2020)の第5話のネタバレ,あらすじを吹き出し形式、会話形式でお伝えします。

半沢直樹(2020)4話のあらすじで、半沢直樹(堺雅人)は東京中央銀行の法人営業2部の次長に栄転しました。

半沢直樹(2020)5話のあらすじは、半沢直樹が新しい重要案件を頭取の命を受けて任されるところから始まります。タイトルは「国家権力と戦え! 巨大航空会社を救え!」です。

半沢直樹(2020) ネタバレ,あらすじ5話

白井大臣(江口のりこ)の一言で、帝国航空に対する債権放棄をするか否かで役員会議が行われていました。

紀本常務
昨日の白井大臣の会見を聞いたと思いますが・・・当行では、500億円にのぼります。
大和田
債権放棄というのは、白井大臣の一つのお考えであってまだ、何も決まっているわけではありません。ですよね、紀本常務。
紀本常務
ええ、まだ先の話であって具体的に決まっているものではありません。
大和田
であれば、現在半沢君が先頭になって取り組んでいる再建案で、政府、タスクフォースに認めさせれば債権放棄を撤回させることができるのではないでしょうか。
中野渡頭取
半沢、君の意見を聞こうか。
半沢
国民が注目した記者会見です。それを撤回するなどありえません。そもそも、白井大臣が大臣についたのは、進政党の人気回復のためです。うちがどんな再建案を作っても、政府が納得することはないでしょう。
大和田
じゃあ、君はうちがどんな再建案を作ってもダメと白旗を上げるつもりかね。
半沢
そうは申してません。我々よりも債権放棄する金額の大きい開投銀行に再建案をしっかりと示すことができれば、味方に引き入れることができるでしょう。一枚岩になった銀行団であれば、タスクフォースにも対抗できる。そう思っています。
大和田
よくぞ、そこに気づいてくれた。夕べ二人きりで話し合った甲斐があったというものだ。
半沢
申し訳ございませんが話はまだ終わってません。席に戻っていただけますか。今の話は、帝国航空が死に体でない場合でございます。これから3週間、帝国航空の実態を調査いたします。その結果、自力復活が不可能であると判断したばあい覚悟いただきたい。
大和田
その時は、大臣の言われるまま500億円を手放すしかないでしょうな。いずれにしても、すべては半沢くん次第ということでしょうな。どうでしょう、頭取。
当行にとって、債権回収は重要な使命。同時に、帝国航空が自力で再生できなければ、日本経済を揺るがす事態になる可能性もある。我々銀行のプライドをかけた大仕事になる。半沢、よろしく頼む。

その頃、帝国航空では白井大臣がタスクフォースを連れてフロア一面を使うことになります。そして、半沢が向かったところに白井大臣が変えるところでした。

それから約2週間、半沢はバンカーとして調査してきました。

田島
この2週間、帝国航空の実態がわかってきましたね。OBがここまで強いとは。そのせいで企業年金の改革は進まないし、他にも問題山積み。どう思います?
半沢
お前はどう思う?
田島
正直、難しいと思います。
半沢
俺は、お前とは違う角度から見ていた。ここは、まだ腐っていない。俺はいろんな企業を見てきた。まだまだ未熟だが、いつのまにか物差しができた。倒産寸前の会社では、大企業でも小さな町工場でも同じ現象が起きる。
田島
なんですか。
半沢
挨拶だよ。倒産する会社は、社外の人に挨拶しなくなる。だが、ここは違う。社内での教育は徹底され、空の命を守る意識は見事だ。従業員たちは、自分たちの仕事にプライドを持っている。だが、それはもろ刃の剣だ。

そして、半沢は山久部長(石黒賢)と話している中で、NO1パイロットのグレイトキャプテンと言われる木崎を紹介されます。しかし、木崎は経営は経営陣がやるものだ。

空と地上では異なる。自分たちの仕事には領域がある。それが空の安全を守ってきた伝統だと胸を張っていう木崎に、半沢は疑問を呈します。

半沢
伝統とは、そういうものでしょうか。新しい制服も広報部だけで作っている。着るのは、現場の皆さんです。自分たちでどんなものを求めるのか話合い広報部と作ることはできませんか。会社も経営も作り上げることで帝国航空が息を吹き返すでしょう。

社長の神谷は、木崎が会議に参加するということに驚きます。しかし、そのことに批判的になる銀行から出向している役員の永田です。

半沢は、再建案の草案をもって帝国航空の社長と話合いに向き合いました。

神谷社長
半沢さん、なんですかこの再建案は。
山久部長
経営陣の待遇の大幅削減に、社員の人員整理。さらに、現場業務の縦割り排除。特にまずいのはパイロットの待遇見直しです。
神谷社長
こんなものが彼らの耳に入ったら。半沢さん、こんな危ない橋を渡るよりは・・・
半沢
政府に任せればいいということですか。今回、政府は直接介入してきたのは御社を死に体と判断したからです。死に体ではないならその意思表示をしなければいけません。それが、修正再建案です。みなさん、生きる意志があるのなら私は全身全霊でお支え致します。確かに、その計画は社内から大きな反発が起きるでしょう。ただし、その痛みは御社をよみがえらせるチャンスになるでしょう。
神谷社長
チャンス?
半沢
今までは、各部署が領域を守り自分の仕事にベストを尽くせば良かった。しかし、今回この問題に全員で向かうことでその意識に風穴があくでしょう。コストの意識も出てくるでしょう。現に、今そうした方々は現場にいます。新たな意見交換で出てくる知恵や工夫は、帝国航空の財産になり世界と渡り合う武器になる。あとは決断するだけです。帝国航空を変えていくことを内外に示せば、この会社は必ず復活します。神谷社長、操縦かんを握っているのはあなたです。
神谷社長
半沢さん、どうかよろしくお願いします。

神谷社長は、そう言って頭を下げました。すると、その瞬間に半沢の再建案が社内メールに流れ社員たちは反発しました。グレイトキャプテンの木崎まで怒ります。

半沢が誤解を解こうとしますが木崎は、半沢のことを信用できないと聞く耳を持たなくなってしまいました。社内に帰ると、曾根崎(佃典彦)が嫌味を言いに来ます。

曾根崎
大変だったな、半沢。紀本常務も頭を抱えてたぞ。ご愁傷さま。
田島
今、開投銀から今回のことを説明してほしいと連絡がありました。
曾根崎
やっかいな相手だぞ。

曾根崎は、嫌味を言ってその場を去ります。そして、開投銀に半沢たちは行きます。

田島
担当は、谷川幸代。別名、鉄の女です。政府の意向をくみ取りながら、自分の意見を巧みに通すことから、政府も一目置く存在です。
半沢
噂は、聞いたことがある。

そして、谷川(西田尚美)に会います。

谷川
それで、今後どのように対処されるご予定ですか。
半沢
一度、社員のみなさまに説明の場をもうけることに。
谷川
このような事態になったのは、帝国航空のメインバンクでもない御行が今更再建案を作るなどという余計なことをされたせいではないですか。
半沢
メインバンクの御行を差し置いて話を進める形になったことはお詫びいたします。ただ、余計なことでしょうか。
谷川
ここ5年の帝国航空の純資産に対する収益率は、平均でマイナス15%です。これに類似した国内企業を見ると、3年以内に倒産しています。つまり銀行がどんなことをしても無駄。政府に任せるべきだと思いますが。
半沢
それは、机上の空論です。帝国航空の命運は尽きていません。3週間ほど調査して、それを肌で感じました。
谷川
もう一度申し上げますが、メインバンクはうちです。足並みをそろえていただけますか。時間です。

そう言って、谷川は席をたちました。

半沢
そのメインバンクの手厚い支援が帝国航空を甘やかしていたのではないですか。貸すも親切、貸さぬも親切。あなたもバンカーならご存知でしょう。谷川さん、私たちの再建案に賛同していただけませんか。
谷川
社員たちの説明会、うまくいくと思いますか。あそこは、何かあれば今回のようなことがおこります。社内に足を引っ張るものがいるんです。それを見つけなければ、また同じことがおこります。では。

半沢は剣道の竹刀を振りながら、足を引っ張っているのが誰か考えます。そして、半沢はメールアドレスを瀬名(尾上松也)に協力をしてもらいメール発信の人物を特定しました。

捨てアドレスで、丸岡耕二という名前で伊勢志摩の住所になっていました。そこに行くと丸岡商工とポストに書かれていました。そして、部屋に向かうと荷物が運び出されていました。

 

そこにいた女性に、社長の丸岡耕二は東京だと聞きます。夕方の5時にパーティーがある場所を教えてもらいます。そして、半沢はそのパーティーに潜入します。

そこで行われていたのは、東京中央銀行から出向で帝国航空に行っている永田の兄の政治パーティーでした。そこには箕部や白井大臣や永田本人もいました。そして、永田は半沢の存在に気づきます。

永田
ちょっと、こんなところまでなんだ。
半沢
帝国航空の中で、我々の草案を受け取られたのは神谷社長と山久さんと永田さん。
永田
ちょっと、待ってください。それでは私がリークしたみたいじゃないですか。
半沢
はい。
永田
はあ?気でも狂ったのか。
半沢
くるっておりません。そう思っているので、そう申し上げているのです。
永田
お前、失礼にもほどがあるよ。そもそも、再建案がどうだろうと政府が介入すれば我々経営陣は一新されるんでしょ。クビになる人間がわざわざリークなんてしませんよ。
半沢
ですが、進政党の議員を兄に持たれているあなたは、役員の立場でおられるんじゃないですか。
永田
疑われても仕方がないというのか。でもね、半沢さん。そもそも情報が漏れたのはお宅のせいでしょ。秘密保持もできないようでは、銀行員として失格だ。

そして、半沢は山久部長に永田のことを聞き教えてもらいます。

半沢
この丸岡商工と取引を始めたきっかけは?
山久部長
永田さんが。まあ、小さな仕事だしどこに任せてもいいと思ったんですよ。でも、調べてみると9000万円。相当、水増しされていますよ。

そこに、大和田(香川照之)から電話がかかってきます。

大和田
進政党の永田議員からクレームが来ましたよ。半沢君。今からすぐに来なさい。

半沢はそう言って紀本常務のいる部屋に呼ばれます。

紀本常務
しかし、議員からクレームが入ったということは。
大和田
出向した永田が本丸ですね。
半沢
私も永田さんが丸岡にリークさせたもので間違いないと確信しています。
大和田
半沢君、どうやって落とし前をつけるつもりだね。
半沢
そのことで紀本常務、永田さんが出向した理由を上司として教えていただけませんか。
紀本常務
永田君は、伊勢志摩支店時代ある会社に融資しているお金が議員の献金に流れていた疑いがあった。ただ証拠がない。あくまで疑いだ。銀行としても帝国航空の出向という形でおさめることにした。今、銀行にとってなにがベストかだ。君には期待している。
大和田
政府が本気で動き出すと、どうなるかわからんぞ。急ぎなさい。
半沢
そんなことは100も承知。また、報告します。

半沢は、グレイトキャプテンの木崎にお願いをします。必死に訴えますが、木崎は半沢の願いを断ります。そこに永田がやってきます。

永田
半沢さん、何をこそこそ話されていたんですか。夕べ、大和田さんから電話があって血相変えて戻られたそうですね。何があったんですか。
半沢
あなたが一番ご存知でしょう。自分が危うくなるとすぐ泣きつく。お兄さんの力を自分の力だと勘違いしている。まるで赤ん坊ですね。あなたおいくつですか。
永田
ほう。今まで、私と社長がどこにいたと思いですか。白井大臣のところですよ。呼び出しを食らいましてね。

白井大臣から社長にプレッシャーをかけられたのです。

永田
神谷社長は、これで完璧に腰が引けてしまいましてね。半沢さん、無駄なことはやめてあとは政府に・・・

そう言って近づく永田を半沢が止めます。

半沢
それ以上、近づかないでいただきたい。あなたは、腐った肉のにおいがする。
永田
まず、草案をリークしたっていう証拠を出してみろよ。ないよな。やってないもん。

そう言って近づく永田を半沢が怒ります。

半沢
近づくな。
永田
なんだ。その口の利き方は。私は帝国航空の役員だぞ。同じ東京中央銀行にいた者として恥ずかしい限りだ。社員説明会楽しみにしてるぞ。

そして、社員説明会が行われます。

半沢
本日は、お忙しい中お集りいただきありがとうございます。メールの再建案は、完全なものではありません。私たちが作った再建案は、まず経営陣の人員削減。待遇の大幅見直しを予定しています。

しかし、永田に情報漏洩した責任は銀行にあると言われ社員たちはそっちの味方につきます。それでも、半沢は永田がリークしたと追及します。そして、その証拠を半沢が突きつけます。

神谷社長
永田さん、あなたが・・・
永田
帝国航空の再建は、すべて政府がやるんだ。
半沢
帝国航空をみくびらないでいただきたい。確かにこの会社は満身創痍の状態です。だが、まだ死んでいない。現場の社員は、日本の空を守ってきた誇りをもって働いている。現場の一人一人が汗をかいて守り抜いた伝統だ。確かに経営については穴がある。縦割りの構造は特に修正しなければならない。あなたは、そのことを知りながらなんの手当もせず、私腹を肥やしている。帝国航空で最も不要なコストは、永田。お前だ。お前は、バンカーの面汚しだ。ここにいる資格はない。出ていけ。出ていけ。
半沢
帝国航空のみなさん。東京中央銀行の人間として、バンカーとして心からお詫び申し上げます。我々の再建案は確かに厳しい。しかし、この会社は政府に頼らずとも立ち直ることができます。御社の傷口の原因は、98もある赤字路線です。これ以上、政府の支援をうければ変えていくことはできなくなる。

そして、グレイトキャプテンの一言で自分たちの力で立ち上がることを一致団結しました。そして、半沢はタスクフォースと会いに行きます。

乃原弁護士
君が東京中央銀行の担当か。
半沢
半沢と申します。
乃原弁護士
目を通してください。白井大臣が会見で申した通り、銀行には一律7割債権カットをお願いすることになりました。ただちに、もって帰り検討してご回答ください。なんだ、その不満そうな顔は。裏でこそこそ再建案作ってるみたいだが、銀行はしょせん再建については素人だ。外で見てりゃいいだよ。我々のやり方に口出しできる案なんかないだろうが。
半沢
正式回答は、いつまでに
乃原弁護士
まあ、来週だな。
半沢
もうすでに決まっているんですが。
乃原弁護士
じゃあ、言えよ。
半沢
我が東京中央銀行は、再建放棄を拒否します。

半沢直樹(2020)5話のネタバレ,あらすじはここまで。半沢直樹(2020)第6話のネタバレ,あらすじにつづく。

あなたにおススメのページ

半沢直樹(2020)6話のネタバレ,あらすじはコチラ
半沢直樹2(2020)ネタバレ,キャスト総まとめ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です