香田タカ(岸井ゆきの)モデル/東冨巨代はどんな人なの?

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の中の香田タカ(岸井ゆきの)のモデルになっている東冨巨代さんについて紹介します。

 

東冨巨代さんは旧姓有元になります。安藤家の次女・安藤澪子さんが嫁いで画家・有元一雄さんとの間に授かった長女になります。

 

しっかり者でよく弟や妹達の世話をします。ドラマのでは有元家の子供は4人ですが、史実では8人きょうだいですから上は大変だったことが想像できますね。

 



 

東冨巨代は安藤仁子さんの姪っ子

有元一雄さんは絵が売れなくて大変生活に苦労していました。澪子さんと仲の良かった安藤仁子さんが、色々と有元家を援助しますが、そんな中で姪っ子の冨巨代さんも大変かわいがってもらったそうです。

 

高校卒業後は安藤家にお手伝いとして住み込みます。子供好きなので、本当は保母さんになりたかったらしいのですが、祖母の安藤須磨さんが、「仕事をもつと縁遠くなるから」と言って反対したとか。

 

安藤仁子さんは姪たちには心を許していたようで、とくに冨巨代さんには何かと相談も持ちかけて頼りにしていたようです。

 

安藤百福さんは戦後、多くの若者が職がなく、食べる事も学ぶことも、働くことも出来ないことに心を痛めていました。そのためにまず始めたのが泉大津での製塩です。

 

塩は専売品で、政府の許可がなくては製造できなかったのですが、非常時ということもあり、戦中戦後は自家用でならば自分で塩を作っても良いという特例がありました。

 

疎開先の兵庫で、赤穂の塩造りを見ていた百福さんは、見よう見まねで塩作りを始めます。そのころの大阪湾は水は澄んでいて大変綺麗でした。

 

そのため、泉大津の砂浜に鉄板を角度をつけて並べて、海から汲み上げた海水を流します。鉄板は火傷をするくらい熱くなりますから、鉄板の上を流れる間に水分は蒸発し、どんどん濃度の濃い塩水になります。

 

塩作りは人手と体力が必要でしたから、若者の仕事にはうってつけでした。安藤百福さんは若者を集めて、賃金は払えないかわりに奨学金のような小遣いを与えました。

 

多くの若者が、合宿のように賑やかに暮らしていたそうです。その若者の世話をしていたのは、安藤家の須磨さんと仁子さん、それに冨巨代さんの3人でした。

 





 

チキンラーメン開発も手伝う

その後も、百福さんは無実の罪で巣鴨プリズンに収監されたり、信用組合に関わって倒産して無一文になったり、と波乱万丈ですが、一念発起してチキンラーメンの開発に寝食を忘れて専念することになります。

 

開発の時は家族総出で関わる事になりますが、その時も冨巨代さんは安藤家の一員として協力をしていたようです。冨巨代さんは安藤家でお手伝いと共に、花嫁修業をして、お嫁入りしたとのことです。

 

百福さんの事業のアップダウンから想像すると、嫁入り準備を立派にできるようになったのは、おそらくチキンラーメンの開発後、日清食品が軌道に乗り始めた頃ではないでしょうか。

 

ドラマでは出演者の青年が結婚相手に想定されていますが、実際のところは不明です。冨巨代さんは、東姓を名乗っていますから、東さんという方と結婚されたのでしょうね。

 

結婚後は、しばらく安藤家からは離れていたようです。これは住まいが遠方からだったのか、理由はよくわかりません。

 

晩年の仁子の世話をする

安藤仁子さんの晩年、冨巨代さんはまた安藤家のお手伝いとして仁子さんのお世話をする事になります。年齢的にもご自分のお子さんも独立したからです。

 

また、これはあくまでも推測ですが、ご主人を亡くされて自由に身を処すことが可能になったのかもしれません。非常に気の合う叔母姪の間柄でしたから、仁子さんはとても喜んだのではないでしょうか。

 

結果的に仁子さんの最期を看取ったのは冨巨代さんとのことですから、とても縁の深い仲だったと言えますね。そんなわけで、安藤仁子さんの素顔を最も近くで見ていたのが、姪の東冨巨代さんだったと思われます。

 

冨巨代さんの回想では、しっかり者のように見える仁子さんは、実は「甘え上手な人」だったとのこと。「叔母(仁子さん)は若い時も歳を取ってからも甘え上手で、なぜか周りがほうっておけない性格だったのです」と語っています。

 

「甘え上手」ということは、「この人のためなら一肌脱ごう」という人が多かったということですよね。しっかり者で、姉御肌だけではこのようにはなりません。

 

大変なこと苦労をしたものの、やはり末っ子だったためでしょうか。でも、この性格のおかげで、窮地に陥っても誰かが助けの手を差し伸べて安藤百福さんを支えることができたのかもしれませんね。

 

今後、朝ドラ「まんぷく」の中で香田タカがどのような活躍をしてくれるのか期待したいですね。今回の連続テレビ小説「まんぷく」はかなり実在モデルどおりに描かれています。

 

そのため、最後は福子(安藤サクラ)のことを香田タカが看取るシーンがもしかしたら描かれるかもしれませんね。とっても楽しみな役の一人になると思います。

 

関連記事

安藤仁子の姉・安藤澪子はどんな人物だったの?

有元一雄は画家として成功したの?

安藤仁子のwiki/どんな人物だったの?

岸井ゆきの(香田タカ/こうだたか)

安藤仁子の家系図/まんぷく実在モデル一覧はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です