川原常治(北村一輝)のモデル・金場某は朝ドラ通りの人なの?

大人気の朝ドラ「スカーレット」で主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の父・常治(北村一輝)のモデルになっているのが神山清子さんの父・金場某(かなばくれ)さんです。

今回は、そんな金場某さんがどんな人物だったのか追いかけてみます。また、朝ドラ「スカーレット」の常治と金場某さんがどのように違うのかというところも後半に解説していきます。

 

朝ドラ「スカーレット」を毎日見ている。常治って本当にあんな人物だったの?そんなあなたは、最後までお読みいただけると神山清子さんの父・金場某さんの人物像が浮かび上がってくると思います。



神山清子の父・金場某はどんな人?

金場某さんの具体的な生年月日はわかりませんでした。生まれは、讃岐うどんで有名な香川県になります。金場某さんは、戦前から戦後まもなく現在の長崎県佐世保で炭鉱に仕事をしていました。

当時、佐世保の炭鉱には朝鮮からの人がたくさん働いていました。金場某さんは、人種によって差別することなく付き合っていたのですが厳しい環境に逃げ出そうとする朝鮮人がたくさんいました。

 

そのため、金場某さんは朝鮮の人の過酷な労働環境をなんとか助けたいと思って炭鉱を脱走することを助けます。当時、脱走を手伝うことは重罪だったので金場某さんは警察に追われることになります。

だから、金場家全員で佐世保から滋賀県まで逃げるようにしてやってきたのです。途中、警察に捕まりそうになったところを匿ってくれたのも朝鮮の人でした。

 

滋賀県に移住してからの仕事は、主に農業です。桃や栗を家の庭に植えて育てます。麦やもち米も田んぼを借りて作ります。麦を麺にしてうどんを作ることもありました。

 

神山清子さんは、小学生の頃にいじめられていたことがあったのですが名前が「金場」っていうだけで朝鮮人と間違えられていじめられていました。

清子さんは、「日本人なのになんでなん?」って父・金場某さんに相談すると、「いじめられたら、朝鮮人だろうが日本人だろうが同じ人間だ」と言い返すように言われます。

 

このことから、人種で差別するのではなく朝鮮の人ともしっかりとしたお付き合いをされていたんだなと思います。その正義感が行き過ぎて脱走を手伝った。それがきっかけで、佐世保の炭鉱を追われたのです。

神山清子さんにとっては、そんな父を誇りに思っていましたが・・・しつけはとても厳しい人物でした。佐世保から滋賀県に引越してきた当時は、まだ電気も水道も通っていない時代。

 

夜はランプで生活していましたが、清子さんが文学好きで本を読んでいるとランプをつけるための油がもったいないときつく怒られます。

それは、清子さんが長女だからというわけではなく子供たち全員に厳しく躾をしていました。また、当たり前のことですが昔ながらの人間というのが挙げられます。

 

女学校を卒業した後に神山清子さん自身は、絵が好きだったので高校に行ったあとは美大に行きたいという願望がありました。しかし、金場某さんは女学校卒業後に裁縫の学校に通わせます。

理由は、女性なので裁縫ぐらいできなければならないという考えからです。当時で考えるとかなり常識的な発想です。なので金場某さんを一言であらわすと「正義感が強く常識を備えた躾が厳しい人」になるでしょうか。

 

戦争を体験したこの時代の人は、みなそうですが躾に厳しい父親というのが多かったのではないでしょうか。なんとなく人物像がイメージできたでしょうか。

金場某と川原常治の違い

ここまでは、神山清子さんのお父さんの金場某さんがどんな人物だったのかをお伝えしてきました。では、この金場某さんとスカーレットの父親・川原常治の違いや共通点はどこにあるのでしょうか。

まずは、共通点からお伝えすると躾に厳しいというのは共通しています。また自分がやったことで滋賀県の信楽に移り住んだというところは一致しています。

 

金場某さんの場合は、炭鉱で脱走を手伝ったことが原因で逃げるようにやってきています。スカーレットの川原常治は、商売に失敗して借金から逃げるように滋賀県にやってきています。

理由は異なりますが滋賀県に来て信楽に住んだというのは一致する共通点になるでしょう。また正義感が強いというのも共通するところです。

 

金場某さんの正義感については、朝鮮の人の脱走を手伝ったことや人種差別を許さないスタンスは正義感の表れだと思います。そして、スカーレットの常治も喜美子が転校早々喧嘩したとなると相手のところに乗り込みます。

結局は、喜美子が相手のガキ大将をやっつけていたので逆に謝罪することになってしまうのですが、娘を守るという正義感は人一倍あります。なので、そこも一致しています。

 

では、逆に2人が違うところはどこになるでしょうか。一つは佐世保の炭鉱で働いていたことと、大阪で商売をして借金をつくったというところです。

また、スカーレットの常治につていは喜美子の職場を決めたり、辞めさせたりする自分勝手なところがあります。金場某さんにはそのようなところはありませんでしたので、ここも違うところでしょう。

 

そして、滋賀県に来てからの仕事も異なります。スカーレットでは、火鉢の運送をしていましたが金場某さんは農業をメインにしています。

ここまで見てきてわかったと思いますが、基本的にスカーレットの川原常治はモデルになっている金場某さんをかなり忠実に描いていいるというところです。

 

性格をはじめとても似ていますよね。そのため、川原常治のモデルは金場某さんで間違いないでしょう。モデルがどんな人かさかのぼって知れるのって楽しいですよね。モデルがある朝ドラならではだなって思いました。


関連記事

スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ!

神山清子の家系図/モデル一覧はコチラ

陶芸家・神山清子の人生/息子との絆とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)