工藤阿須加はどんな俳優なの?

爽やかな好青年という印象で、途切れることなく話題の映画やドラマに出演されている工藤阿須加さん。情報番組『ZIP!』の水曜パーソナリティーも務め、朝のお茶の間でも人気の俳優さんですね!

 

どこか控えめで育ちのよさを感じます。では、そんな工藤阿須加さんはどんな俳優さんなのでしょうか?これまでの活躍を振り返ります。

 

工藤阿須加さんのお父さんは、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスで監督をされている工藤公康さんです。工藤公康さんの現役時代は人気実力ともにとても高かったイケメン選手でした。

 

そのご長男である工藤阿須加さんがイケメンなのは必然ですね!工藤阿須加さんは野球ではなく、テニスで進学を決め、プロを目指すほどの実力だったようです。しかし、プロを目指すことに不安要素であった右肩の故障などもあり、俳優の道を志すことになったそうです。

 

2012年ドラマ『理想の息子』で俳優デビューをした工藤阿須加さん。この作品では役名のないその他大勢の中の1人でしたが、その光る存在感から、翌年の2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』で、綾瀬はるかさん演じる主人公の弟役として出演し、一気に知名度を上げることになります。

 

工藤さんには、イマドキの若者っぽさがあまり感じることがなく、清潔感のある落ち着いた雰囲気がいろいろな世代の方から好感を持たれることにつながったのではなでしょうか。

 

社会現象となった『半沢直樹』に続き池井戸潤の原作小説をドラマ化した、2014年『ルーズヴェルト・ゲーム』に出演。工藤阿須加さんは「青島製作所野球部」のピッチャー、沖原和也役をオーディションで勝ち取り、父親譲りの素晴らしいピッチングを披露しています。

 

2017年ドラマ『明日の約束』では、主人公の井上真央さんの婚約者役を演じました。この作品では、複雑な葛藤を抱いた青年を好演しました。同年映画『ちょっと今から仕事やめてくる』では、ブラック企業で働く真面目なサラリーマンを演じ、役者としての新境地となった作品であると語られています。

 

工藤阿須加さんからは、“二世俳優”を感じることはなく、ご自身で着実に経験を積まれてこられたことがうかがえます。今後、さらに幅広い役どころでのご活躍もされることではないでしょうか?!

追伸

朝ドラ「なつぞら」の中で工藤阿須加さんが演じる佐々岡信哉(ノブさん)がどんな役どころで、見どころがどこにあるのかはコチラをご覧ください。

佐々岡信哉の見どころはコチラ

 



 

あなたにおすすめのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)