広岡浅子は大同生命の創設者なの?

朝ドラ「あさが来た」以外でも最近は、大同生命CMでも広岡浅子さんが話題になってんねん。広岡浅子さんと言えば、大阪が誇る明治の女性実業家やんねんな。

 

その広岡浅子さんと、現在でも続く生命保険会社の大同生命との関係について詳しくまとめてんね。もし「あさが来た」や大同生命CMに興味があんねんやったら、是非、続きを読んでみてんね。

 

広岡浅子さんは、加島炭鉱や加島銀行、日本女子大学と様々な事業を手掛けてきた人物ねんね。その最後に成し遂げた大きな事業が、大同生命の創立やねん。

 

そもそも、広岡浅子さんは大同生命の誕生の前に起きたある事件までは、生命保険にそこまで大きな事業にしようと考えてへんかってん。

 

せやけど、広岡浅子さんは、お金を貸して欲しいと頼まれた話を断ったことをきっかけに、逆恨みされ後ろから刺され、生命の危機に瀕しる事件があってんな。ホント、一時は、危篤状態まで陥って、夫の広岡信五郎が大泣きするような大変な事態に陥ったのです。

広岡浅子と大同生命詳しく知るなら楽天で♪

 

それでも、奇跡的な回復で復活を果たした広岡浅子は、その刺されたことをきっかけに生命について真剣に考えるねんな。

 




 

当時の加島グループには、加島銀行、加島炭鉱、広岡商店、朝日生命保険、尼崎紡績を抱えていてんね。その中で、唯一の赤字経営だったのが、朝日生命保険だってんね。

 

これをなんとかしようと考えてんね。今の加島屋は銀行が主要な部分を埋めてんけど、銀行は景気に大きく影響を受ける商いやねん。せやけど、生命保険は終身や養老といった長いものになんねん。

 

当時は物価が高騰していたので、生命保険は商売として有利な面を持ち合わせてんね。しかも、事故の際には、加入者の親族も助かるねん。そう考えはったのです。

 

ただ、今の朝日生命保険一つをなんとかしようとするだけでは弱い。パイの奪い合いになると感じた広岡浅子さんは合併を考えてんね。広岡浅子さんは、まずは朝日生命保険にその話をしてんけど、役員の3分の1も賛成しいへん。

 

それでも、個別に一人一人、加島の役員に話していくうちに、なんとか過半数ギリギリの賛成を得ることができてんね。

 




 

広岡浅子さんは、様々な生命保険会社に合併を打診した中で、脈があったのが、北海道生命と真宗信徒生命、護国生命の3社やってんね。その最終的な折衝交渉は朝日生命の重役に任せんねんな。

 

広岡浅子さんは、成果の表面にはあえてたたへんかったのです。交渉の結果、北海道生命と護国生命、朝日生命の3社が合併して大同生命が見事に誕生してんね。この3社が合併することで、大同生命は躍進したねん。

 

結果として加島グループでも大きな柱事業となってんよ。大同生命誕生にあたって、夫の広岡信五郎さんは、大同生命副社長に、広岡浅子さんは特待役員として相談役になってんねんな。

 

初代の頭取は、「あさが来た」の栄三郎モデルになってはる、広岡正秋さんでっせ。そして、広岡浅子の娘である亀子の婿養子の広岡恵三大同生命に入社してんね。

 

東大の法学部を卒業している超エリートで、次期の社長候補として働くねんな。このように、なるべく表に立たないとしながらも、広岡浅子さんが大同生命創設に尽力していたのは大同生命の歴史上の大きな事実になってんね。

 

現在も、日本の法人の契約ではトップとなっている大同生命。その創設のストーリーの中には、広岡浅子さんが大きな影を残してんねんな。

 




 

関連記事



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)