西郷どん(せごどん)43話ネタバレ・あらすじ「さらば、東京」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)43話「さらば、東京」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第42話のネタバレ・あらすじで、西郷隆盛(鈴木亮平)の朝鮮派遣が決まっていたところに岩倉使節団から戻ってきた岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が待ったをかけます。大久保一蔵(瑛太)はその状況を冷たい目線で見つめていました。

 

その続きとなる43話のネタバレ・あらすじをここからお伝えします。タイトルは「さらば、東京」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第43話ネタバレ・あらすじスタート!





 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ43話

会議が行われる前日、岩倉は伊藤(浜野謙太)にそそのかされ料亭にいました。そこに、長州勢の木戸(玉山鉄二)などがやってきました。そこに、大久保一蔵もやってきていました。

 

一蔵は、岩倉にたいして西郷隆盛を政府から追い出して新しい政府を作り直したい。そう話します。そのために、西郷隆盛の朝鮮派遣の話をなきことにしたいというのです。

 

そのため、岩倉具視は会議で西郷の朝鮮派遣を反対したのです。そして、岩倉の言葉に一蔵も追随します。軍のトップに在籍する西郷が朝鮮に行けば戦になる。そう一蔵は西郷の朝鮮派遣を反対したのです。

 

西郷は、きっちりと礼をもって話し合いをすれば戦にはならないといいますが大久保は、それを異国の知らないものの発言と切り捨てるのでした。そして、今はそんなことよりも富国強兵の方が大事なのでそんなことをしている暇はない。そういうのです。

 

大久保の勢いに皆が黙る中、西郷は朝鮮に国交を結びに行くのだと主張します。そして、朝鮮にいる国民を見殺しにするのか。そう西郷は一蔵に詰め寄ります。

 

国民を見捨てるという言動に、江藤も岩倉と大久保の罷免を申し出ます。しかし、三条はどうしたらいいか困ってしまいます。そのため、岩倉は西郷に朝鮮に行ったらいいとし会議は終了します。

 

残すは、三条から天子さまに認めてもらうだけの状況になりますが、そこで三条が病気で倒れてしまいます。西郷が三条に見舞いにいくと・・・大久保がなにかを企んでいるから注意するようにアドバイスされます。

 

そして、三条が病気のため再び会議が開かれます。なんと、岩倉が三条のポジションに座り天子さまの言葉を伝え始めます。西郷の朝鮮派遣よりも、今は国力を高める時期なのでしばらく朝鮮派遣は中止になったのです。

西郷隆盛と大久保利通の関係を暴露!

 

西郷はそのことに怒りますが天子の言葉であるならば仕方がないと、西郷は自分の役目はここまでと政府から去ることを決めて出ていきます。西郷の派遣中止を聞いた軍のメンバーが西郷の家にやってきます。

 

軍を引き連れて岩倉のところに行くというのです。しかし、西郷はそれはするべきではない。自分たちがするべきことをしっかりと判断するべきだと西郷はいいます。これからも国のために頼むという西郷に軍のメンバーは誰もがしんみりするのでした。

 



 

西郷隆盛と大久保一蔵の別れ

こうして明治16年10月、西郷、板垣、江藤、後藤が政府を退きます。それは、大久保が望んだとおり西郷や土佐・肥前のものがいない政府になったのです。

 

西郷隆盛が政府の要職を去ったころ、木戸(玉山鉄二)が西郷のもとにやってきました。岩倉使節団でいなかった間に長州のものが起こした不祥事の責任をとって、自分もやめるというのです。

 

しかし、西郷はそれを止めました。異国を見てきた伊藤や木戸が働かなければならないからです。木戸は納得し政府にとどまります。そして、西郷が教えていた長屋の学問を木戸にお願いしました。

 

西郷はもう一つだけどうしても気になることがありました。それは、岩倉の後ろに一蔵がいたのではないかという気持ちです。西郷は、気になってしかたなかったので一蔵のところに行き確かめます。

 

大久保は、自分がはかったって西郷を朝鮮派遣させなかったことを認めます。その理由は、西郷の人を信じるというやり方は甘すぎる。それでは異国と戦うことができない。そう語ったのです。

 

西郷は、それをどうして腹を割ってぶつけてくれなかったのか。そう悲しみます。大久保は、卑怯者とでもなんとでも言え。そう大声で西郷を怒鳴ったのです。西郷隆盛は、それを聞いても大久保一蔵のことは嫌いになれん。

 

そして、あとは思いっきりやれ。頼んだぞ。そういって笑顔で別れたのです。翌朝、西郷隆盛は熊吉(塚地武雅)を連れて鹿児島に帰ったのです。これが大久保と西郷の永遠の別れになったのです。西郷どん43話のあらすじ・ネタバレはここまで。西郷どん44話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 





あなたにおススメの記事

西郷どん(せごどん)44話ネタバレ・あらすじはコチラ

西郷隆盛と大久保利通の関係を暴露!

西郷どん42話ネタバレ・あらすじ「両雄激突」

朝ドラ「まんぷく」のネタバレ・あらすじはコチラ

西郷どん(せごどん)ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です