青天を衝けネタバレ,あらすじ最終回「青春はつづく」

このページは、NHKの大河ドラマ「青天を衝け最終回ネタバレ,あらすじを吹き出し、会話方式でお伝えいたします。

青天を衝け第40話のあらすじで、第一次世界大戦を勃発します。また、栄一(吉沢亮)は孫・敬三(笠松将)に渋沢家を託しました。

 

青天を衝け最終回のあらすじは、第一次世界大戦が終結するところからはじまります。青天を衝け最終回のタイトルは「青春はつづく」です。

青天を衝け ネタバレ,あらすじ最終回

大正7年(1918)ドイツが降伏したことで第一次世界大戦が終結しました。戦後処理のため、パリ講和会議で日本は人種差別撤廃を欧米諸国に求めました。

その一方で、中国山東半島のドイツ領土の権利を日本は求めます。その姿勢に欧米諸国は、日本に対して警戒を強めます。

 

アメリカでは、日本人の移民が土地を借りる権威をはく奪する運動が起きました。また、中国や朝鮮半島でも反日運動が起きます。

栄一は、実業界から退いた後にも都市開発や教育・社会事業に力を注いでいました。大正9年(1920)には、日米の実業家同士で協議会を開き関係改善を務めます。

 

また、中国との親善にも積極的に参加します。そして、首相である原敬と一緒に国際軍縮会議が行われたワシントンにも参加して意見交換を行いました。

しかし、栄一が翌年もワシントンに訪れている間に首相の原敬が暗殺されます。参加した会議で、栄一は軍縮を受け入れますが、栄一が議論したい排日問題は議題にもあがりませんでした。

 

大正12年(1923)9月、関東で大きな地震が起きました。関東大震災です。栄一は、大きな被害を受けている日本に海外から寄付を募ります。

アメリカや中国から、寄付や義援金や救援物資など多数のものが寄せられました。

 

しかし、そんな栄一を落胆させる出来事がアメリカ議会で可決されました。アメリカは、日本からの移民を完全に禁止する法律を通しだのです。

大正15年(1926)、第一国立銀行の取締役に敬三が就任します。12月には、大正天皇が亡くなり元号が昭和になりました。

 

昭和6年(1931)中国で大きな水害が起きます。栄一は91歳になりながらも「中華民国水災同情会」の会長に就任しました。

そして、ラジオで中国に送るための募金を呼びかけました。しかし、その後に満州事変が勃発します。日本軍が満州の鉄道を爆破したのです。

 

中国は、この満州事変の抗議のために日本からの物資を受け取り拒否します。栄一は、今後の日本の行く末を憂いながら、病で床に伏せます。

そして、敬三の手を握りながら栄一は訴えかけます。

栄一
手をむすべ。みんな・・・幸せになるため・・・

昭和6年(1931)11月11日、栄一は亡くなりました。栄一の追悼式で、敬三は栄一のことを話します。と話します。

「私は、祖父のことを偉人ではなく、故郷の血洗島村のもとで励む1人の青年のように感じていました。失敗したこと、かなわなかったことも含んで、お疲れさん。よく励んだ。と渋沢栄一を思い出していただきたい。それが私の願いです。」青天を衝け 完

 

青天を衝けの次の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」になっています。主人公は、北条義時で小栗旬さんが演じます。脚本は三谷幸喜さんです。



あなたにおススメのページ

鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじキャストまとめ
青天を衝け最終回を無料でみるならコチラ
青天を衝け第40話「栄一、海を越えて」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です