青天を衝け第16話ネタバレ,あらすじ「恩人暗殺」

このページは、NHKの大河ドラマ「青天を衝けせいてんをつけ第16話ネタバレ,あらすじを吹き出し、会話方式でお伝えします。

青天を衝け第15話のあらすじで、栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は、慶喜(草彅剛)から仲間を一橋家の家臣とするため関東出張を認められます。

 

青天を衝け第16話のあらすじは、2人が京を経つところからはじまります。青天を衝け第16話のタイトルは「恩人暗殺」です。

青天を衝け公式本45%割引はコチラ

青天を衝け ネタバレ,あらすじ16話

栄一と喜作が京を経った頃、水戸藩主・徳川慶篤は藤田小四郎(藤原季節)が兵を挙げたことの責任を問われていました。

斉昭(竹中直人)の反対派の水戸藩の家老たちは、すぐに小四郎を討伐するべきだと話、その責任は武田耕雲斎(津田寛治)にも及びます。官職を辞され、隠居を命じられます。

 

京では、新選組が攘夷派志士を池田屋で殺害しました。慶喜(草彅剛)がこれを命じてるのではないかと噂が流れます。慶喜のことを円四郎(堤真一)が惑わせているという水戸藩士まで現れます。

その頃、栄一たちは玄武館の道場で真田範之助(板橋駿也)と再会します。玄武館の塾生は、小四郎らが立ち上げた天狗党の呼びかけに応じて、筑波山へ出立しようとしていました。

 

そのため、範之助は栄一たちが一橋家に仕官したことを知ると激怒します。

栄一
ともに慶喜さまの家臣になって、新しい国を作ろう。

栄一がいくら説得しても、範之助は怒って出ていってしまいます。

範之助には断られましたが、栄一と喜作は、江戸と関東で40人ほど一橋家に仕えたい者を集めました。

 

2人は、血洗島村にも行きたかったのですが市郎右衛門(小林薫)から止められたことで血洗島村に行くことはかないませんでした。市郎右衛門の文の中には、

市郎右衛門
惇忠が岡部の牢屋に入れられておる。天狗党への協力を疑われてのことだ。許可なく、村を出た栄一たちのことも役人はよく思っとらん。今は、危険だから帰郷はやめておくように。

 

天狗党が呼びかけた筑波山には、草奔の志士がたくさん集まっていました。その一部は、金品を強奪や放火を繰り返しました。幕府は、天狗党の討伐軍を編成して、水戸藩にも鎮圧を命じました。

水戸藩では、斉昭派の家老と反対派で内部争いが起きていました。慶喜は、耕雲斎に兵を送るように文を送っていたが、それは叶いそうもない。そんな慶喜を円四郎は励まします。

平岡円四郎
それがしは、殿の作る新しい世を心待ちにしております。平岡円四郎は、尽未来際のお力添えいたします。

しかし、そんな熱い想いをもった平岡円四郎は、反対派の水戸藩士によって暗殺されてしまいます。

慶喜
尽未来際と言ったではないか・・・。

そう慶喜は、悲しみに暮れるのでした。青天を衝け第16話のネタバレ,あらすじはまだ続きます。わかり次第お伝えします。

あなたにおススメのページ

青天を衝け公式本(45%割引)はコチラ
青天を衝け第16話を無料でみるならコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です