青天を衝け第18話ネタバレ,あらすじ「一橋の懐」

今回は、NHKの大河ドラマ「青天を衝け」の第18話ネタバレ,あらすじを吹き出し方式、会話形式でお伝えしています。

青天を衝け第17話のあらすじで、栄一(吉沢亮)たちが天狗党を討伐することになります。栄一は、そのことに複雑な気持ちを抱えています。

 

青天を衝け第18話のあらすじは、栄一たちが天狗党を討伐に向かうところからはじまります。青天を衝け第18話のタイトルは「一橋の懐」です。

青天を衝け ネタバレ,あらすじ18話

朝廷の勅命で、幕府は「禁門の変」の報復として長州征伐を決定します。また、天狗党を討伐も同時に行おうとしていました。栄一は、暗い顔をしていました。

栄一
俺が小四郎をたきつけてしまったんだ。小四郎の挙兵は、俺のせいかもしれねえ。それを討伐するなんて。

栄一がうなだれていたころ、喜作(高良健吾)は慶喜(草彅剛)からの書状を携えて天狗党の武田耕雲斎(津田寛治)のところに向かっていました。

耕雲斎
なに?一橋様より密書だと?

そして、小四郎(藤原季節)もその文書を覗き込みました。

小四郎
これは・・・なんと、烈公さまのご遺志を踏みにじるのか。ご子息でありながら、国を思うわれらを切り捨て身の安泰を図るとは、なんと小者。
耕雲斎
違う。わからぬか。我らがここまで一橋様を追い込んでしまったことを・・・もはや、ここまでじゃ。公儀に下ろう。渋沢殿と申したか。ご苦労をおかけした。
喜作
いえ、ご公儀に下られること承知いたしました。

そして、栄一には兵を引き上げることが伝えられていました。栄一は、小四郎と斬りあうことにならずにほっとしていました。

一方、長州征伐の指揮をとっていた西郷吉之助(博多華丸)は平和裏に問題を終息させました。

 

慶喜は、耕雲斎の処遇がどうなるのか気にしていました。そのため、幕府の田沼意尊に言いました。

慶喜
天狗党の乱は、いわば水戸の身内の争い。武田耕雲斎らは、できれば引き受けたい。

しかし、田沼意尊は公儀で公平に処遇するので、任せてほしいと言います。慶喜は、一歩引き公平であるのならと公儀に任せることにします。

慶喜
とらえた前田の重臣や、朝廷からも助命の願いがでておる。どうか頼む。

慶喜の言葉を了承する田沼意尊ですが、慶喜の話を無視した処罰を行います。天狗党の武田耕雲斎をはじめ、小四郎など幹部24名はすぐに処刑されます。

それだけにはとどまらず、末端の志士まで352人もの首が切られました。そのことを知り、慶喜は呆然とします。

 

その話を聞いて、栄一は怒ります。

栄一
なぜだ。なぜ、そんなむごいことになった。戦は、終わったでねえか。
喜作
幕府に侮られたんだ。一橋家は、今兵がいねえ。しかし、天狗党を残しておけば殿がそれを取り込み、幕府を取り込みかねねえ。だから、皆殺しにしたんだ。
栄一
そんなことで、国をおもうものを無駄死にさせるとは・・・。俺のせいだ。俺が小四郎様をたきつけたんだ。東湖さまのご子息なのに、立ち上がらないんだって。
喜作
うぬぼれるな。水戸は、お前に言われなくたって立ち上がってた。俺はみたんだ。あの誇り高いはずの水戸の兵士が飢えてやせ細り、寒さにガタガタ震えてた。あれが、俺たちが信じた攘夷の成れの果てだ。
喜作
今回のことで、わが殿も悪い評判をたてられている。おれは、もう攘夷なんてどうでもいい。俺は、殿を一橋を守るために生きる。お前は、どうする?

栄一は、喜作のようにすぐに答えは出せずにいました。こうして、日本中に大きな渦を巻き起こした尊王攘夷は終焉していきました。

そして、驚くべきことに長州はイギリスにすり寄り、薩摩の留学生もイギリスに旅立ちました。彼らの敵は、外国ではなく徳川に変化していったのです。

 

幕府の方は、フランスのロッシュと手を携えようとしていました。しかし、幕府にはお金がありませんでした。薩摩や長州の賠償金を肩代わりしていたからです。

しかし、勘定奉行の小栗忠順は大丈夫だと家茂(磯村勇斗)に自信ありげに言います。そして、ロッシュとつながりをもち、支援を受けて会社を作り、貿易会社と製鉄所の建設をはじめました。

 

そのころ、栄一は黒川を通じて慶喜に目通りを願いでました。そこで、栄一は慶喜に言います。

栄一
先日、兵を連れもどりましたが、まだ到底足りぬと思います。新たに、兵を集める御用をそれがしにおおしつけいただけませぬでしょうか。
慶喜
おぬしに?
栄一
ははっ。それがしは、平岡様に拾ってもらって百姓から今日の身柄になりました。西のご領地8万石を丁寧に回れば、きっとそれがしのように天下の役に立ちたい百姓が100人、いや200、300人はおるでしょう。

黒川に無理だと言われますが・・・慶喜は、それを認めてくれます。

慶喜
フン、わかった。そなたを軍制御用掛、歩兵取立御用掛に任命する。黒川、行く先々の代官にバカにされないように、先に触れをだせ。見栄も大事だ。支度してやれ。

こうして、栄一は人集めの旅に出ることになりました。

 

その後、幕府は長州がイギリスとの結びつきを強くしたことから朝敵として、2度目の長州征伐にうって出ることになります。

栄一は、京から近い摂津、和泉、播磨の一橋領を管轄する大阪の代官所に向かいました。そして、勇ましく中に入ると、埼玉清兵衛が出てきます。

 

清兵衛は、備中が西の最大の御用地だからそちらを先にうまくいけば摂津、和泉、播磨もうまくいきやすいと説明されます。

栄一
なるほど、しからば備中から先に回ろう。

栄一たちは、すぐに備中に向かいました。清兵衛は、本音では栄一のような若僧に面倒を言われるのは嫌で、備中に行かせたのです。

備中に行った栄一は、代官の稲垣練造が人を集めてくれます。栄一は、集まった百姓に演説をします。

栄一
もはや、この日の本に武士と百姓の違いはない。つまり、民も一丸となり国に尽くすチャンスである。ぜひ、みなに立ち上がってほしい。

しかし、栄一が熱を込めて話しますが誰も関心をよせていません。次の日も、その次の日も栄一が力を込めて演説しますが、誰も仕官したいというものがいません。

なぜだと焦る栄一ですが、この村の者たちも毎日が大変なことに気が付きます。翌日から、呼び出して演説するスタイルをやめました。そして、学校に自ら行き阪谷朗蘆と話ました。

阪谷
このような小さな塾に、一橋家御家臣様がいらっしゃるとは・・・
栄一
いえ、私ももとは武州の百姓です。ここよりずっと狭い従兄の塾で漢字を習っておりました。そこで、論語と朱子学、水戸の攘夷の心を学び・・・
阪谷
一橋家の家臣でありながら、攘夷を口にするのは感心できませぬな。
栄一
は?拙者の塾のみならず、江戸や京の漢学者は、攘夷鎖港論者でしたよ。
阪谷
いや、私は開港するべきだと考えております。浜田弥衛江をご存知ありませんのか。
栄一
おお、台湾で貿易をした弥衛江。

阪谷は、栄一の柔軟な考え方に話がはずみお酒を酌み交わしました。その数日後、関根という劇剣家と手合わせをした栄一は、関根を打ち負かしました。

そののち、朗蘆の塾生が数人、一橋家でご奉公したいと申し出てくれました。栄一は、そこで考えました。自分がちょっと話したところで5人も申し出る人がいる。

 

にもかかわらず、何百人もいるところで1人も申し込みがないのはおかしい。栄一は、さっそく人を集めてる問屋に確認します。

すると、稲垣練造が面倒にまきこまれないように栄一を遠ざけるように指示がだされていました。栄一は、稲垣練造のところに行きました。

栄一
念のため代官殿に、今一度申し上げる。貴殿は、君公のご職任が禁裏御守衛総督であることをご存知だな。兵がいなければつとまらないこともご存知だな。拙者は、かような重大な役目で役割を果たせぬとあれば、俺は生きて帰れぬ。
稲垣代官
そんな大げさな。
栄一
そんなことすらできない代官。つまり、貴殿も拙者と同罪でござる。拙者は、明後日には出立いたします。どうかよく考え、ご結論を頂きたい。

翌日、栄一の元には200人も集まっていたのです。その後、播磨、摂津、和泉をまわって457人もの人を集めて帰りました。

慶喜
大役、ご苦労であった。褒美だ。とっておけ。
栄一
兵が増えたことはうれしいことですが、その分お金も入用かと思います。

他の家臣たちが公儀で借りる、都合をつけるといいますが、栄一は言います。

栄一
借りたお金では、懐は豊かになりませぬ。武士とて、お金は入用です。天狗党があのような結果になったのも、それを怠ったからだと思っています。戦に出れば腹は減ります。お腹がすいて、お金や食べ物を盗んでは、もう盗賊です。そうなれば、義も忠義もあったものではない。小四郎様たちは、忠義だけをかかげ、懐を整えることを怠った。

栄一は、続けます。

栄一
両方必要なのです。この先、幕府も一橋家も義だけ整えておれば、いずれ同じことになるでしょう。私は、一橋家の懐を整えたいのです。こたび、領地を見回ることでいくつか利を得る方法を思いつきました。

そういって、栄一は年貢のコメを入札制にすることを提案します。そして、播磨の木綿。備中の硝石と提案していきます。

慶喜
なるほど、硝石か。

そして、栄一はこれまでに思っていたことをすべて話ます。

栄一
実は、それがしは当家が公儀にかわって攘夷してもらえねえかと思って、様子見、腰掛のつもりで仕官しました。しかし、今の日本をまとめられるのは殿しかおりませぬ。そのためにも、一橋家をもっと強くしたい。懐を豊かにし、土台を頑丈にしたい。それこそは、おのれの長所でございます。
慶喜
ふん。父を思い出すのう。父も水戸の懐をどうにかせねばと、林やガラス、田畑を作らせて、蜂の蜜を集めておった。
栄一
あの烈公が蜂の蜜を?
慶喜
百姓のことをも必ずお百姓様と呼んでおった。攘夷の志士は、誰も本当の父を知らぬ。
栄一
それは、大変失礼いたしました。今の今まで、烈公のことを風神雷神のような石頭かと思っておりました。

家臣たちが怒る中、慶喜は笑います。

慶喜
ハハハ。雷神になった父を思い浮かべてしまった。円四郎め。なんとも不思議なものをおしつけよった。ならば、やってみろ。そこまで言うなら、腕をみせてみろ。
栄一
ははっ。

栄一は、一橋家を豊かにするために動きだしました。青天を衝け第18話のネタバレ,あらすじはここまで。青天を衝け第19話のネタバレ,あらすじにつづく。

あなたにおススメのページ

青天を衝け第18話を無料でみるならコチラ
青天を衝け17話ネタバレ,あらすじはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です