青天を衝け第22話ネタバレ,あらすじ「篤太夫、パリへ」

このページは、NHKの大河ドラマ「青天を衝け」第22話のネタバレ,あらすじを吹き出し形式、会話方式でお伝えします。

青天を衝け第21話のあらすじで、栄一(吉沢亮)たち一行はフランスに行くための船に乗り込み、栄一の眼には大きな海原が広がっていました。

 

青天を衝け第22話のあらすじは、徳川昭武(板垣李光人)一行がパリに行くところからはじまります。青天を衝け第22話のタイトルは「篤太夫、パリへ」です。

青天を衝け見逃し配信はコチラ

青天を衝け ネタバレ,あらすじ22話

1月11日、横浜からパリに出航しました。船は、上海、サイゴン、セイロンと進んでいきエジプトのスエズに到着します。

そこから、汽車を乗り継いで55日経過した3月7日にようやくパリに到着しました。滞在先のグランドホテルでは、銀行家・フリュリエラールと通訳のメショメ・カションが出迎えます。

 

2週間後に、皇帝・ナポレオン三世の謁見式が行われるので、外国方の面々はその準備に取り掛かりました。

栄一は、ホテルの事務手続きやフランス側との手続きを行いながら、ホテルの従業員たちともめごとを起こしていた水戸藩士の監視をしていました。

 

パリ万博は、はじまっており栄一は蒸気機関車を見て驚きます。

栄一
船も鉄道もこの力で動いてるのか。

そして、世界中から数々のものが展示されておりエレベーターにも栄一は驚きました。

栄一
参った。何日かけても、見切れない品ばかり。それなのに、俺は言葉も通じず、品物を見定めることも、考える頭さえねえ。

栄一は、日本の品物が多数でていることを喜びました。しかし、そこには琉球王国の中から薩摩の品物が並べれていました。しかも、薩摩の旗が建てられていました。

これでは、薩摩がまるで日本と同じ国家のように見えます。外国奉行の向山が薩摩の面々が来ていることに怒っていたのを思い出します。

 

そんなことを考えている栄一の前に、モンブランがあらわれます。モンブランは、薩摩に接近している要注意人物だと聞いていました。しかも、琉球王国の展示に関与しているようだ。

外国方は、琉球王国の出品を問題とし組頭・田辺太一が薩摩と交渉をします。しかし、薩摩の岩下佐治右衛門は、すべてはモンブランが手配したことだという。

 

モンブランは、幕府に協力を拒否されたが薩摩の五代才助(ディーンフジオカ)がすべてを託してくれたと経緯を話します。

田辺は、モンブランに薩摩の旗を外して日の丸の下にすべてを並べるように言います。そして、出品者を琉球王国から将軍を意味する「大君」にすることを求めます。

 

モンブランは、旗を外すことは了承しますが出品者は「薩摩大君」とすると回答し田辺はそれを受け入れました。

しかし、その後に問題が起きます。フランスの新聞に「日本は一つの国でなく連邦国」との記事が掲載されたのです。そのことで、幕府の品と薩摩の品が同格のものと認識されてしまったのです。

 

それは、最初から薩摩とモンブランが予想していた通りで、幕府側はまんまと策にはめられていたのです。

このことで、幕府側はナポレオン三世の謁見式で薩摩との各の違いをなんとか見せようと力みます。そして、謁見式の日、昭武はナポレオン三世の前で、慶喜からの国書を堂々と読み上げました。

 

そのころ、昭武一行の通訳を務める英国公使館のシーベルトは、イギリスの外務省当てに手紙を書いていました。

イギリスは、薩摩との武器の売買で関係を深めており幕府の動きをシーボルトを利用して探っていたのです。

 

それを知らず、向山は正式な通訳よりもシーボルトを気に入り、パリ到着後も通訳を任せていたのです。

 

そのころ、日本では慶喜(草彅剛)がフランスのロッシュとの関係を深めていました。フランスの支援を得て、改革を行っていました。

慶喜は、ロッシュの助言を聞き大阪城に外国公使を招きいれました。その慶喜の堂々とした振る舞いにイギリスのパークスは、これまでの将軍と違うと感じていました。

 

そのころ、フランスで栄一は節約に努めていました。水戸藩士たちが昭武に高価な椅子を買うのをいさめ、住居もランクを下げたものに変更しました。

栄一は、驚きの連続の毎日を送っていましたが同時に不安を覚えていました。それはお金が底をつきかけていたにもかかわらず、幕府から約束のお金が送られてこなかったからです。

 

そのころ、江戸にいたロッシュも頭を悩ませていました。パリで「将軍・慶喜」が大名の一人にすぎないと報道されたことで600万ドルの借款が取りやめになると焦っていました。

そのロッシュの不安は的中しました。栄一たちがいたパリの昭武一行にフランスからの借款が消滅したとの文書が届いたのです。

 

なんとか節約していた栄一は、その文書に絶句しました。青天を衝け第22話のネタバレ,あらすじはここまで。青天を衝け第23話のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」
青天を衝け第22話を無料でみるならコチラ
青天を衝け21話ネタバレ,あらすじはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です