青天を衝け第40話ネタバレ,あらすじ「栄一、海を越えて」

このページは、NHKの大河ドラマ「青天を衝け第40話ネタバレ,あらすじを吹き出し方式、会話形式でお伝えしていきます。

青天を衝け第39話のあらすじで、栄一(吉沢亮)は実業界を引退して民間外交を中心に生活することを篤二(泉澤佑希)に伝えました。

 

青天を衝け第40話のあらすじは、実際に栄一が役員を辞めていくところからはじまります。青天を衝け第40話のタイトルは「栄一、海を越えて」です。

青天を衝け ネタバレ,あらすじ40話

栄一は、明治42年(1909)6月、第一国立銀行以外の役員をすべて辞任し、実業界から引退を表明します。今後は、民間外交に力を注いでいく予定です。

このころ、アメリカ西海岸で日本人の移民が増えていましたが、日本人労働者を敵とみなす排日運動が起こっていました。

 

明治42年8月、栄一は排日運動が起こる中でアメリカの商業会議所の招待に応じ、視察団の団長として渡米しました。

一緒に渡米した人たちは、日本の実業家や学者、新聞記者らでした。栄一は、それらの視察団をまとめ全米62カ所の都市やビジネス施設を見学しました。

 

そして、タフト大統領との会見も行い日米親善に大きな貢献を果たしました。栄一は、アメリカへの旅の途中で伊藤博文(山崎育三郎)が暗殺されたことを知ります。

中国のハビルン駅での暗殺でした。栄一は、長年明治政府の中心とした働いてきた伊藤の暗殺にショックを受けます。

 

そのため、栄一はアメリカでのスピーチで伊藤の死に触れます。

栄一
お互いが知ろうとする心があれば、無益な憎しみあいは生まれない。日本には、「己の欲せざるところ、人に施すなかれ」という忠恕の教えが広く知れ渡っています。互いが心を開き手を結びみなにとってうれしい世の中を作る。それを世界の信条にしたい。

栄一の言葉は、アメリカの人々の胸を打ちました。

 

明治44年(1911)、篤二が妻子を置いて出ました。しかも、それが新聞記事になってしまいます。そのことに、栄一は激怒します。

栄一
篤二は廃嫡する。

栄一は、苦渋の決断をしました。

 

明治45年になり、明治天皇が亡くなりました。そのため、元号が明治から大正に変わります。そして、大正に元号が変わった年に喜作(高良健吾)が亡くなりました。77歳でした。

翌大正2年、栄一は「徳川慶喜公伝」の原稿を持って慶喜邸を訪れていました。慶喜は、病に伏しながらも栄一の原稿を読み修正を加えました。

慶喜
渋沢、ありがとう。

慶喜(草彅剛)は、そういってこの年で亡くなりました。栄一は、慶喜の葬儀をすべてを取り仕切る争議委員総裁として、慶喜を見送りました。

大正3年(1914)、ヨーロッパで第一次世界大戦が勃発しました。首相である大隈重信(大倉孝二)は、栄一ら経済人に日本も戦争に参戦するように協力を求めます。

栄一
戦争のたびに、民は苦しんでいます。経済に打撃を受けます。

栄一は、そう抗議し反対しましたが大隈重信が栄一の意見を聞くことはありませんでした。

 

大隈重信の意向通り、日本も第一次世界大戦に参加します。日本は、中国大陸や南西諸島に勢力をどんどん広げたことで欧州から警戒される存在になります。

栄一は、篤二を廃嫡したため、自分の後を孫・渋沢敬三(笠松将)に託しました。

栄一
実業界から日本を支えることを使命にしてほしい。

そう栄一が頭を下げ敬三にお願いします。こうして、栄一は敬三にバトンを託しました。青天を衝け第40話のネタバレ,あらすじはここまで。青天を衝け最終回のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

青天を衝け最終回「青春はつづく」
青天を衝け第40話を無料でみるならコチラ
青天を衝け第39話「栄一と戦争」



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です