青天を衝け第7話ネタバレ,あらすじ「青天の栄一」

このページは、NHKの大河ドラマ「青天を衝けせいてんをつけ」の第7話ネタバレ,あらすじを吹き出し、会話形式でお伝えします。

青天を衝け第6話のあらすじで、長之助(満島真之介)に江戸から戻ってきたら、勝負して千代(橋本愛)を嫁にもらいてえと喜助(高良健吾)が言ってるところを栄一(吉沢亮)は見ました。

 

青天を衝け第7話のあらすじは、長之助を江戸に見送るところからはじまります。青天を衝け第7話のタイトルは「青天の栄一」です。

青天を衝け見逃し配信はコチラ

青天を衝け ネタバレ,あらすじ7話

安政4年6月、尾高家の人たちと栄一、喜作は長七郎が江戸に行くのを見送りました。長七郎が旅立ったあと、惇忠(田辺誠一)は喜作に聞きます。

惇忠
長七郎に勝負を挑んだそうやな。

惇忠は喜作の話を聞きました。

喜作
自分に縁談の話が来たので、縁談がすすまないうちに千代と結婚したい気持ちをもっていることを長七郎に伝えたんです。
惇忠
それなら、わしも母様にお前のことを・・・

その言葉に、いいかけたところを栄一が遮りました。

栄一
喜作、お前は確かにいい男だ。しかし、夫となるとどうなんだべなあ。

そう言って、喜作の欠点を並び立てました。

栄一
お千代は、幼いときから働き者で無駄口もたたかねえ。お前と一緒になったら、きっと苦労するべ。
喜作
なにを?何も知らねえくせに、この減らず口めが。

喜作は、腹立てて栄一に馬乗りになります。それでも、栄一は言います。

栄一
お千代は、ダメだに。お前は、おしゃべりで異性のいい女子にしろ。

そこに、仕事から帰ってきた、なか(村川絵梨)が草履で2人の頭をたたいて止めました。

なか
あんたたちは、子どもだね。嫁の話は10年、早いんだよ。顔洗ってきな。

 

その頃、江戸では長きにわたって幕府をとりまとめていた阿部正弘(大谷亮平)が亡くなりました。代わりに、堀田正睦(佐戸井けん太)が中枢になっていました。

そして、堀田を中心とした幕府は、ハリスの意見を聞き入れ将軍とハリスが会うことになります。このことに斉昭(竹中直人)は怒ります。

 

10月、ハリスは行列をしたがえて江戸城にやってきました。長七郎は、その様子を見て幕府のやり方に不満を抱きます。

この年の暮れのことです。なかが血洗島村の吉岡家に嫁ぎました。なかは、市郎右衛門(小林薫)やゑい(和久井映見)、宗助(平泉成)、まさ(朝加真由美)に挨拶をしました。

なか
大変、お世話になりました。
宗助
そういや、お千代も喜作と一緒になるって?

その言葉に、栄一は動揺します。尾高家も二人の縁談に乗り気なのだという。

 

栄一は、慌てて千代のところに行きました。

栄一
喜作と結婚すって、本当か?
千代
うちは、お金に困ってるから、きっとどこかの商売人のところに嫁ぐと思ってたんだに。それが、喜作さんのところなら安心だ。優しいし、栄一さんともずっと近くにおれるし。
栄一
そうだな、良かった。

栄一は、心の声を我慢してそう言いました。

 

この頃、幕府は開国につき進んでいました。多くの大名がそれに賛成していたが、水戸藩の斉昭を中心に、いくつかの藩では開国に反対していました。

安政5年、正月のことです。徳川慶喜(草彅剛)は徳川斉昭に会いに水戸藩邸に行きました。

慶喜
父上のしていることは、本当に忠義にかなわれているのでしょうか。京の鷹司家に幕府の方針と異なる文を届けたと聞いております。京では、父上の言葉を伝え聞いたものたちが「攘夷、攘夷」と口をそろえております。公儀の役人も困り、天子さまも困られているやもしれませぬ。

斉昭は、慶喜に反論できず堀田に対するわび状を書きます。

 

そんなある日、栄一たちが道場で稽古を積んでいると、長七郎からの手紙が届きました。

長七郎
江戸には、今、あまたの国から尊王攘夷をとなえる志士たちがやってきております。百姓であっても、志士になれるチャンスがある。

そう書かれてありました。そして、長七郎は惇忠とは別に、栄一と喜作にも1通ずつの手紙を書いていました。栄一は、その手紙を自宅に帰ってから読みました。

長七郎
千代と結婚するのは、お前だと思ってたぞ。千代とお前は、ずっと思い合ってたんじゃねえのか。本当に、このままでいいのか。

長七郎からの手紙には、栄一に対するエールが込められていました。

 

その数日後のことです。惇忠と栄一は、藍売りの旅に一緒にでました。栄一は、旅をし山登りをしながら漢詞をしたためました。

栄一
書物を背にしょい、険しい峰をよじ登る。やがて、谷を歩くもまた険しい峰を登るも険しくなり、みたこともない大きな岩や石が横たわっている。私は、青天を衝く勢いでひじをまくり、白雲を突き抜ける勢いで突き進む。

そして、山頂から見た景色を見て栄一は覚悟を決めます。

 

村に戻った栄一は、千代のいる境内に向かいました。

栄一
お千代。俺は、ずっとどうしていいかわからなかったんだ。胸の中が、もやもや雲みたいになって・・・それがようやく晴れた。俺は、俺は、お前が欲しいだに。

そう栄一は、千代に告白しました。そこに、喜作もやってきていました。青天を衝けせいてんをつけ第7話ネタバレ,あらすじはここまで。青天を衝け第8話のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

青天を衝け第8話ネタバレ,あらすじはコチラ
青天を衝け公式本(45%割引)はコチラ
青天を衝け第7話を無料でみるならコチラ



1件のコメント

青天を衝けを、毎週日曜日の夜8時になると、何だか楽しみです。和久井映見さん、他の皆様の演技が上手くて、私は感動してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です