麒麟がくる第35話ネタバレ,あらすじはコチラ

このページは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」第35話のネタバレ,あらすじを吹き出し方式、会話形式でお伝えしています。

麒麟がくる第34話のあらすじで、光秀(長谷川博己)の仲立ちにより、筒井順慶(駿河太郎)と松永久秀(吉田鋼太郎)の戦に発展しませんでした。

 

麒麟がくる第35話のあらすじは、覚恕(春風亭小朝)が逃げた甲斐の武田信玄(石橋凌)が信長(染谷将太)を倒すために動きだすところから始まります。麒麟がくる35話のタイトルは「」です。

麒麟がくるネタバレ,あらすじ35

戦国最強の呼び声高い武田信玄が信長討伐の準備を進めていました。その頃、近江に領地をもらった光秀は、信長の命を受け坂本城を作ることになりました。

光秀の娘たちは、そのことを喜びはしゃぎますが光秀の表情は曇ったままでした。それは、光秀は坂本に行っても、ひろこと娘たちを義昭(滝藤賢一)が人質にとろうとしていたからです。

ひろこ
上洛後、たった3年で城もちの大名に出世したことを、家中のものは喜んでおります。坂本城に行けるのを楽しみにしております。

光秀は、人質の話を言いかけますが、話しませんでした。そこに、藤吉郎(佐々木蔵之介)が書状をもってやってきました。

書状には、貧しい公家衆を助けるために幕府が朝廷から取り上げた、金銀や土地などを返還するように書かれたものでした。

光秀
信長さまの帝の役に立ちたい気持ちはわかりますが、これでは幕府に喧嘩を売っているような形になります。
秀吉
100年以上も内輪揉めと戦をしてきた幕府などは、そろそろ見限るべきなのではないか。

光秀は、将軍を棟梁とする幕府が大名をおさめてこそ、世の武家は収まるという考えでした。

 

煕子は、たまの治療に東庵(堺正章)のところに行きました。たまの傷は、跡が残ることもなく治癒していました。

ひろこ
ありがとうございました。
いえいえ、こちらこそ久しぶりに会えてうれしかったです。

そう言って、これまでの思い出話にはなを咲かせていると中年の女性が治療のために部屋に入ってきました。東庵の針の予約をしていたその女性は、藤吉郎の母・なか(銀粉蝶)でした。

なか
藤吉郎は、どんどん出世していってるのだけど、それもほどほどにしなければ周囲に妬まれる。坂本城をもつことになった明智光秀などは、幕府に睨まれ家族を人質として京に残すように言われている。信長さまの腹心である、光秀を足利義昭さまが疎んでいると藤吉郎が話ておった。

なかは、煕子が光秀の奥様であることを知らずに、べらべらと話すのであった。それを聞いた煕子は、初めて坂本城の話があった時に、なぜ光秀の顔が曇ったのか理解しました。

なかの話を聞いた駒(門脇麦)は、二条城で義昭(滝藤賢一)にその話をぶつけました。

妻子をバラバラにするほど、十兵衛さまを疑っておるのですか。
足利義昭
信長が信用できないからだ。幕臣でありながら、光秀は信長と不離一体だと摂津晴門などが騒いでおってな。
義昭さまは、十兵衛さまを大切に思っておられたじゃないですか。家族と引き離すようなことをすれば、十兵衛さまは義昭さまから離れていってしまいます。それでも、いいのですか。
足利義昭
やむ得まい。光秀は、坂本に行く。わしの周りには摂津晴門しかおらぬのだから、嫌でも摂津を置くしかないではないか。いっそ絞め殺してくれ。

そう駒に懇願する義昭を見て、駒は何も言えなくなってしまいました。

 

そして、義昭の開催するお茶会に十兵衛がやってきたとき、細川藤孝(眞島秀和)が待っていました。

藤孝
十兵衛殿、すぐに引き返してください。摂津晴門が十兵衛殿を茶会で討つつもりです。

光秀は、それを聞いて感謝しつつも強行突破で中に入っていきます。光秀は、摂津の家来に傷を負わされますが強引に義昭のところまで行きました。

光秀
上洛を果たして3年。摂津ら幕府の古い者と関係を捨て去るよい区切りではないでしょうか。もし、信長さまが道を踏み外した時は私は坂本城を直ちに返上し、二条城で義昭さまを守ります。

そこに、三淵藤英(谷原章介)がやってきました。

三淵藤英
義昭さまの下知があれば、藤孝の家来を中に入れて摂津の家臣を止めます。

そう促された義昭は、摂津が従わない場合は政所の役職をとくと決断を下しました。麒麟がくる35話のネタバレ,あらすじはここまで。麒麟がくる36話のネタバレ,あらすじはつづく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です