麒麟がくる第36話ネタバレ,あらすじ「訣(けつ)別」

このページは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第36話のネタバレ,あらすじを吹き出し形式、会話方式でお伝えいたします。

麒麟がくる35話のあらすじで、摂津晴門(片岡鶴太郎)などを古くからいた幕府を腐らせているものを排除しました。

 

麒麟がくる第36話のあらすじは、光秀(長谷川博己)が帝のことを伊呂波太夫(尾野真千子)に聞くところから始まります。麒麟がくる第36話のタイトルは「訣(けつ)別」です。

麒麟がくるネタバレ,あらすじ36

光秀は、幕府が一掃されたことでより荷が重くなりました。そして、進もうとする道にも迷いがありました。信長は、帝を崇拝している。

しかし、武家の棟梁は将軍であるべきだと光秀は思っています。そのため、迷っていたのです。そして、帝のことを伊呂波太夫に聞きます。

光秀
帝は、どういうお方なのでしょうか。
伊呂波太夫
それなら、詳しいかたがおられますので、会ってみますか?

そう言って、伊呂波太夫が光秀に会わせたのは、三条西実澄(石橋蓮司)でした。三条西は「古今和歌集」を極めた名家の当主でした。

三条西は、光秀のことを気に入り帝に会わせてくれることになりました。光秀は、帝とわずかな会話しかできませんでしたが、それがとても印象に残りました。

 

館に戻った光秀に会うために、藤吉郎(佐々木蔵之介)、柴田勝家(安藤政信)と佐久間信盛(金子ノブアキ)がやってきていました。

一度、和睦した松永久秀(吉田鋼太郎)と筒井順慶(駿河太郎)が戦をしていたからです。光秀にも、信長から出陣するように文が届いていました。

柴田勝家
義昭公の強い命令により出陣を強いられていますが、信長さまは気が重い状況です。

義昭(滝藤賢一)は、兄の義輝(向井理)を殺したのは松永久秀だと思い込んでいるため、なんとしても首をとるようにという強い命令を出していたのです。

そして、酔っぱらっていた藤吉郎が口を開きます。

秀吉
義昭公は、油断のならない人です。信長さまが大和と河内に兵を送っている間に、朝倉たちに攻めさせる魂胆だ。

そして、藤吉郎は浅井長政(金井浩一)を討つため、明日に出陣をするといいます。

 

翌日、光秀は義昭を訪ねて二条城に向かいました。すると、義昭は剣術の指南を受けていました。

足利義昭
手合わせお願いする。

あの戦嫌いだった義昭が光秀に手合わせを願い出ます。光秀は、そのことに驚きを隠せません。しかし、いくら稽古をしているとはいえ光秀の剣術との差は相当あります。

そのため、三淵(谷原章介)は止めますが義昭は、手合わせを求めます。光秀は、仕方なく庭で義昭が振ってくる木刀をよけます。

 

しかし、いくらよけても髪を振り乱して木刀を振ってくる義昭を見た光秀に、将軍像が崩壊していきました。以前は、頼りはなくても尊厳はあった。今は・・・

 

その数日後、光秀は坂本城を煕子(木村文乃)に見せました。誰よりも先に、坂本城を見せたかったのです。明智の館を追われて、ようやく自分たちの城が出来る。

それなのに、煕子や子どもたちは京に人質にとられる。光秀は義昭に対して、これ以上ない腹立たしい気持ちをもっていました。みかねた煕子は、光秀に問います。

ひろこ
ここ近江は、信長さまのいる美濃と義昭公のいる京の中間に位置します。どちらに心が惹かれておるのですか。
光秀
この城のように、堂々と立ち続けたいがもはや、先のことがまったく見えぬ。

光秀は、険しい顔でそう語ります。

 

元亀3年、織田と幕府の連合軍が松永久秀と三好の残党を討つために河内に向かいました。しかし、信長は出陣せず、連合軍も松永久秀を取り逃がしました。

この様子を虎視眈々と見ていた戦国武将がいました。戦国武将最強とうたわれる武田信玄(石橋凌)です。幕府と信長の足並みが乱れたと感じ、京へ向かって出陣したのです。

 

その頃、光秀は信長に呼ばれ岐阜城にいました。

信長
義昭公に17ヶ条にもわたるてきびしい文を送ってしまってのう。義昭公に白鳥を送ろうかと思っとる。
光秀
信長さま、義昭公に気を遣うことも大事ですが、武田に攻め込まれておる徳川家康に援軍を送られた方がよいかと思います。
信長
今は、これ以上に兵はさけぬ。義昭公もあてには出来ぬしの。武田や朝倉、浅井に上洛を求めておるのは、わしを追い落とすためやもしれぬ。

そこに、伝令がやってきました。徳川家康が武田信玄に大敗を喫したというものでした。麒麟がくる36話のネタバレ,あらすじはここまで。麒麟がくる37話のネタバレ,あらすじにつづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)